RGF HRAgent

ベトナムの記事

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

インターン生募集!RGF Vietnam

RGFベトナムでインターンシップを経験してみませんか? ご興味のある方は下記までお問い合わせください! vietnam-jp@rgf-hragent.asia

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

ハノイに来たらスポーツをしましょう! ハノイ休日の過ごし方

シンチャオ!こんにちは! リクルートベトナム吉見です!!   こっちで暮らしてると、 「休日って何してるんですか??」 そんな質問もよく受けます。   「日本と違ってやる事ないんじゃないの?」 そう思われてる方も少なくないでしょう。   いやいやそんな事ないんです! やる事たくさんです!出来る事たくさんです!   今回は、ハノイでの休日の過ごし方をご紹介します!!   ハノイに限らずですが、ベトナムでは、日本人のコミュニティが沢山あって、日本でいうスポーツのサークルみたいなものがいくつもあります!   ゴルフ、サッカー、バレー、バドミントン、テニス、ソフトボール、ハンドボール・・・etc.   等々、大抵のスポーツは仲間を見つけて楽しむ事ができます!!   そんな吉見も、誘っていただけてこの前参加してきたのが、、   第22回ソフトボール大会     日本人のチームが20組以上出場してトーナメント戦で競い合う大会です。 試合は朝の7時から始まり、吉見は寝坊して出場出来ませんでした。 (正直笑えないくらい焦りました。)     またハノイでは、上記のようないわゆるメジャーなスポーツ以外にも、すごくニッチなスポーツだって存在します!   それが、、   スラックライン 綱渡りの競技バージョンみたいなもので、現在ではプロの大会もあるらしく、吉見は綱の上を歩くので精一杯でしたが、プロの方は綱の上でジャンプして回転したりするそうです!   ちなみに公園でやっていたのですが、興味を持ったベトナムの子供たちが沢山集まって来てくれました。   こういったフレンドリーさもベトナム人の良い所ですね!!   みなさんもぜひベトナムに来た際には挑戦してみて下さい!!   ということで、ベトナムにいても休日はやる事盛りだくさんなので、心配無用です! 趣味を通して、多くの人と交流を持てるのも良いですね!   ベトナムに来る方はぜひ何かしらのコミュニティに参加する事をオススメします〜!   それでは!また次回のブログで!! 最後までお読み頂きありがとうございました!!   吉見勇人

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

ベトナムらしさに浸る!ハノイのおすすめ観光スポット

こんにちは!ハロー!シンチャオ!   ようやく挨拶だけベトナム語で言えるようになってきました、RGFベトナム・ハノイ拠点の吉見です!!   気付けば10月も終わりですね。ハノイは少し肌寒くなってきました。これからもう少しだけ寒くなるみたいです!ハノイにも四季はあるんですね!安心ですね! ベトナム・ハノイ観光 「ベトナム最古の大学 文廟(バンミウ)」     さて本日ですが、文廟(バンミウ)に行ってきました!     ベトナムで最古の大学だそうで、英語名では ”Temple of literature” と言うそうです。 なんだかかっこいいですよね。   前回の記事で紹介したセントジョセフ教会もそうですが、ハノイは特に歴史的な建造物が多いんです。   市内を歩いていると歴史を感じられる場所を多く見かけることができて楽しいです!     またこの文廟(バンミウ)ですが、日本で言ったら平等院鳳凰堂並みに大切な歴史ある場所となっています。   「なぜ例えが平等院鳳凰堂、、??」と思われた方が多いですね。そうですよね。   実はここ、ベトナムの紙幣VNDに写真が使われてるんです!! なのでベトナム版平等院鳳凰堂です! (あまり言い過ぎると怒られそうですね。ごめんなさい。個人的所感であり、RGFとしての公式発言ではございません。)       ちなみに中に入るとこんな感じで綺麗に道が彩られており、     その道の先には立派な建物があって、その中には孔子像があります。     何でもここは学問成就のお祈りの場としても有名だそうで、受験シーズンになるとベトナム人の受験生の方々がお祈りに来るそうです。   私ももうちょっとベトナム語が覚えられるように祈っておけばよかったです。 (他力本願ですね。まず勉強します。)     ちなみに入場料ですが、30.000VDN(≒150円)となっており、お財布にも優しい料金設定です。   近くを通りかかった際には是非立ち寄ってみてください。   【住所】 66 Nguyen Thai Hoc, Ba Dinh dist., Hanoi        、、、はい!!!   いかがでしたでしょうか!! (前回に続きまた急な終わり方、、。誰かブログの締め方教えてください。。。)   今後もどんどんハノイの様子をお知らせできたらと思いますので、ぜひそちらもよろしくお願いします!!   吉見 勇人(よしみ はやと)

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

ベトナム・ハノイでのローカルな楽しみ方!!

こんにちは! RGFベトナム拠点の吉見です! 今回はベトナム・ハノイでの「ローカルな楽しみ方」をご紹介しようと思います!!   日本に出店!?ベトナムの人気焼き鳥屋さん 本日やってきたのはこちらのお店 Binh Minh(ビンミン)さん。 ガイドブックでも掲載されているほどの有名ローカル店で、なんと日本の首都東京にも支店があります。   こちらがお店の写真。ローカル感はありますが、さすが有名店。訪れた日も中は西洋人や日本人の方で常に満員でした。     こちらがメニューです。   値段が書いてなくて不安ですが、ローカル店なのでそんなに高額にはならないでしょう。(きっと。)     見た目が結構豪快でしたが、絶妙なタレと塩加減でおいしい!!!  ハノイに訪れた際は是非立ち寄って見てください!!      ベトナム観光     ♦セントジョセフ教会  仏教徒が多いベトナムですが、こんなに歴史を感じさせる教会もあります! 単純に教会としての役割のみでなく、旅行で来ている方々の観光名所としても有名な場所です!!       セントジョセフ教会から歩いてすぐの距離にあるのがこちら ♦ホアンキエム湖 夜はライトアップされていて綺麗です。     さらにさらに、このホアンキエム湖のすぐ近くで楽しめるのが、、、   ♦ナイトマーケット       毎週金・土・日曜日の夜にはこうして露店が出て多くの人で賑わいます。 毎週これってすごいですよね。。。   この近くでは飲屋街みたいな所もあって、   こうして人がぎゅうぎゅう詰めになりながらお酒を楽しめる場所もあります!!   吉見も歩き疲れたのでここで少し休憩します!!(あれ、本日2軒目?)     普通に美味しかったです。しかも安い!!!   、、以上が「ベトナムハノイでの『ローカルな楽しみ方』」でした!! (終わり方が急!!笑 ブログを書き馴れていないので許して下さい。)   ベトナムに来る予定のある方、ベトナムに興味のある方に、少しでもベトナムのイメージが伝わったら嬉しいです!!   お読みいただきありがとうございました!!   これからも色んな情報を現地からお届けできればと思いますので、   よろしくお願いします!!

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

ハノイに来たら絶対に行きたい!!ー大人気観光スポット2<ベトナム北部・ハノイ>

本記事はこんな方におススメ!! せっかく海外で働くならプライベートも充実させたい! ハノイの観光ってどこに行けるの? 週末は何をしているの? 筆者おすすめの観光スポットをご紹介第2弾!! シンチャオ!こんにちは! RGFベトナム拠点の長谷川です。 ハノイはすっかり夏となり、お昼時間には外に出るのが嫌なくらい暑くなっております。 今回は前回に続きハノイ近郊の小旅行スポットをご紹介します。 陸のハロン湾!?ニンビン さて、今回ご紹介させて頂くスポットはニンビン省にある観光地です。 ハロン湾と同じ石灰質の山々が連なっており、風景も似ていることから陸のハロン湾と呼ばれることもあります。 ニンビンには有名な観光地としてチャンアンとタムコックがあり、今回はチャンアンを中心にご紹介します! アクセス抜群!ハノイからたったの2時間! ハノイからニンビンへの観光は、日帰りツアーが一般的です。 ハロン湾同様にハノイ市内のいたるところからツアーが出ています。 そして私がニンビンをお勧めする一番の理由は、アクセスの良さにあります。 ハノイからハロン湾までは約4時間かかるところ、ニンビンまでは約2時間で到着することができます。 バスでハノイ市内を出発して途中トイレ休憩をはさみつつニンビンを目指します。 私が参加したツアーは、朝8時頃ハノイ市内を出発して、 10時を少し過ぎた頃に第一の目的地であるホアルー寺院に到着しました。 なんでもホアルーは1010年にハノイに首都を移す前までは首都だったとか。。。 そのため重要文化財に指定されており、昔から残されている門などを見ることができます。 お寺の中はこんな感じに!意外と近代的です笑 こちらの御堂はかなり昔からあるのだとか。。。 ホアルーを見学した後は、昼食をはさみいよいよチャンアンに到着です。 チャンアンは2014年に世界遺産に指定されており、 最近では今年放映されたキングコングの撮影地になったことでも有名です。 (前回ご紹介したハロン湾も撮影地として利用されております) チャンアンでは小舟に乗って川下りを行います。 川下りと言っても流れが急なわけではなく、船頭さんが船をこいでくれるのでゆっくりと風景を味わうことができます。 ちなみに船のこぎ方が独特で、なぜかみんな足を使って漕いでました。 チャンアンの美しい風景を見ながら、途中ある洞窟をくぐり抜けていきます。 のんびりとしたジャングルクルーズのような感じです。 こんな小さな洞窟を進んでいきます。 途中で折り返し出発地点まで戻ってきたら、最後にサイクリングにいきます。 川から楽しんだ風景を、今度は陸から楽しむことができます。   僕はスタート直後に自転車が壊れてしまい、途中リタイヤしてしまいました。 写真は私の同僚の写真です。   サイクリングの後は現地を出発して、夜8時くらいにハノイ市内に戻ってきて終了となります。 いかがでしたでしょか? ハノイ周辺には週末を使っていける旅行スポットがたくさんあります。 是非みなさんもベトナムに来てみてはいかがでしょうか? それでは、次回をお楽しみに~!!  

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

ハノイに来たら絶対に行きたい!!ー大人気観光スポット1<ベトナム北部・ハノイ>

本記事はこんな方におススメ!!   せっかく海外で働くならプライベートも充実させたい! ハノイの観光ってどこに行けるの? 週末は何をしているの?   筆者おすすめの観光スポットをご紹介!! シンチャオ!こんにちは! RGFベトナム拠点の長谷川です。 最近ハノイは夏に向けてだんだんと暑くなってまいりました。 そんな暑いハノイから近く、小旅行にはうってつけの熱い観光スポットを今回はご紹介します!!   世界遺産としても超有名!ハロン湾 さて、今回まず最初にご紹介させて頂くのはハロン湾です。 日本のテレビなどでも頻繁にご紹介されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか? 世界遺産にも登録されており、石灰岩でできた大小さまざまな3000以上の島々が点在している景色はとても美しくて有名です。 ハノイからは多くのツアーが出ていて、日帰りでも泊りでも観光ができます。 私は日帰りのクルージングツアーに行ってきました。 朝にハノイ市内を出発し、お昼ごろにハロン湾に到着します。 まず最初に船に乗りながらおいしいシーフードランチを楽しみます。 船の中でご飯を食べているとすぐにたくさんの島々が見えてきます。 観光船もいっぱい来ています。 ハロン湾の中は島に囲まれているのでとても波が穏やかです。 船は酔うから苦手!という人でも安心していけるのではないでしょうか? ※あまりに天候の悪い日はツアーが中止になることもあるそうです! ちなみに上の写真の岩はベトナムの200,000VND紙幣にも描かれている有名な岩です。   僕がツアーに参加した時はあいにくの曇り空でしたが、それでもきれいな景色を楽しむことができました。 ハロン湾には魚やカニを取って暮らしている漁師さんがいます。 水上で暮らしている人もいるんですよ! 上の写真が水上で生活している人のお家になります。 今は観光客向けに商売をしているそうですが、ハロン湾の奥地には漁業だけで生活している方たちもいるそうです。 また、こちらでは小舟に乗り換えて遊覧を楽しめます。   動物に似た形の岩もいっぱいあります。 皆さんにはこちらの岩は何の形に見えますか?   ツアーの最後には鍾乳洞を見学に行けます。 ある漁師さんがサルを追いかけて島に上陸したら偶然見つけたのだとか。。。 鍾乳洞の中はライトアップされておりとても幻想的な空間です。   クルージングを終えたらハノイ市内に向かって現地を出発します。 その日の交通事情にもよりますが、夜8時過ぎにはハノイ市内に戻ってこれます。   次回は陸のハロン湾をご紹介! ハロン湾はいかがでしたでしょうか? 少しハノイにご興味を持っていただけましたか? 今回のブログで書き終わるつもりだったのですが、少し長くなってしまったので別の観光スポットは次回ご紹介します! 次回は陸のハロン湾と言われており、あの有名な映画の撮影スポットにもなった場所について書きたいと思います。 それでは次回ブログをお楽しみに~!!

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

観光だけじゃない!ダナンってどんな場所?

近年、観光地として一気に注目を浴びたダナン。 じつは、観光だけじゃなくビジネス面でも、世界から注目されています。 今回は、ダナン在住3年目になる友人Mのインタビューとともに、 海外で働くこと、ダナンでの生活について、生の声をお届けします! ダナンってどんなところ? ダナンは、ベトナム中部の中心地であり、ホーチミン、ハノイに次ぐ第三の都市です。   また、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマ ーの4ヶ国を東西に結ぶ、 陸上交通路「東西経済回廊」の東の玄関口でもあり、 インドシナ半島全体にとっても重要な経済都市となっています。   2014年には、ダナン〜日本の直行便が就航し、日本からのアクセスも容易になりました。   同年の2014 年には、 旅行情報サイトトリップアドバイザーの「10 destinations on the rise」で1 位を獲得。 各種メディアで特集され、知名度を一気にあげました。   旅行番組などで、目にした事もあるのではないでしょうか?   観光地としてのダナンの魅力は、ビーチ沿いの高級リゾートホテルだけに留まらず、 周辺の世界遺産(ホイアン、フエ)へのアクセスの良さにもあります。 最新の高級リゾートを満喫するだけでなく、 歴史的な建造物や街並みを探索することができ、世界中の人を魅了しています。   (ランタンの街としても有名なホイアン)   (カラフルな古い街並が残るホイアン)   観光都市として急速に発展してきたダナンですが、 近年では、観光の他にも『 IT 』を重点産業と位置付けて、 「ベトナムのシリコンバレー」を目指すべく都市開発を行っています。   海と山の自然に恵まれた環境を守りつつ、 環境に優しい都市開発目指す「エコ・テク(Eco-Tech)地域の実現」を宣言しており、 都市開発のモデルとして、国内外から注目を集めています。   また、ベトナムが議長国を務める、2017年のAPEC首脳会議ではダナンが開催地に選ばれ、 国際空港のターミナルの増強や高級ホテルの建設など、 インフラの整備が急ピッチで進んでいます。   Appleがダナンに進出!? IT都市として発展を続けるダナン   ダナンは、IT企業誘致にも力を入れており、 IT系企業が集まるソフトウェアパークやハイテクパークが運営され、 現在でも新たな施設の建設や計画が進んでいます。   少し前の東南アジアには、 Wi-Fiなどの通信環境が整っていないイメージが、ある方もいるのではないでしょうか?   近年のスマートフォンの普及により、通信環境はかなり整備されており、 特に「ベトナムのシリコンバレー」を目指しているダナンの通信環境は、日本を上回っていると言えます。 市内には、誰でも利用可能な数百ものアクセスポイントが設置され、 ほとんどの飲食店やホテルでは、無料のWi-Fiサービスが行われています。 こうした通信環境は、IT関係者だけでなく、ダナン市民にとっても欠かせないものとなっています。   IT都市として発展を続けているダナンは、 日本からもIT企業の進出が相次いでおり、オフショア開発先としても人気を集めています。   また、2016年8月の日経電子版では、 Appleがダナンにベトナム初の開発拠点を進出する計画について報じており、 ますますの発展が期待されています。   ダナン在住3年目 友人Mに突撃インタビュー【生活編】 学生時代の友人Mが、ダナンで働いているのでインタビューしてみました。   記:早速だけど、ダナンの生活について聞かせて〜!   ダナンでの生活はいつから? M:2014年の5月から住み始めて、丸2年が経ったね。   記:住んでみて、驚いた事とかある? M:いっぱいあるけど笑 慣れちゃったな〜。 あ、物流が弱い。荷物を届けてもらう時や送る時は要注意だね。   1つの会社が、最初から最後まで運んでくれたらいいんだけど、 「このエリアまでは、この会社。」「ここから先はバイクタクシーのおじさん。」 みたいな感じなんだよね。 だから、届かないのが当たり前笑 ハノイ・ホーチミンはしっかりしてきたんだけど、 それ以外の地域は届かない可能性があるから要注意。     必ず届けたい時は、EMSとか高いけど追跡出来るもので送るのが大事だね。   記:届かない時はどうするの? M:届かない時は諦める笑 問い合わせ先がないから、どうしようもない笑   記:すごいね笑 お水はどうしてる? M:飲み水は、全部ミネラルウォーター使ってる。1ガロン100円位で安いしね。 現地の人でも、生水は飲まないね。 水道水を沸騰させてから飲むか、ミネラルウォーター飲んでるかな。 でも、水道水に変な色や匂いはなくて、シャワーや洗濯に普通に使ってるよ。   記:普段の買い物はどうしてる? M:スーパーマーケットとローカルな市場の両方を使ってる。 現地の人は、市場で買う人が多いね。圧倒的に安いし。 スーパーマーケットは、外国人向けの位置付け。 食の安全や自然派志向は、まだ浸透していなくて、 オーガニックの野菜は、そこまで普及していないかな。 でも、全くないわけではなくて、専門店に行けば買う事は出来るよ。   記:やっぱり市場の野菜は新鮮? M:それは、ベトナム人でも見解が分かれるところなんだよね〜笑…

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

<ベトナム>ホーチミンの暮らし

こんにちは! RGFベトナム ホーチミンオフィスの鹿津です。 本日は南部ホーチミンの暮らしにフォーカスしてお話ししたいと思います!   ベトナムでは英語が話せるだけで大丈夫?? よく、ベトナムでは英語はどれくらい通じるんですか? ベトナム語が話せないと仕事も生活も大変ですか?とご質問を頂きます。 営まれる生活によって異なりますが、中心部では仕事も含め、食事/ホテル/買い物などに於いては英語にてコミュニケーションとれると思っていただいて大丈夫です、、、が、タクシーは話が変わります! ①ほとんどの運転手が英語を話せない ②ベトナム語はアルファベットですが、発音は難しいため住所を読みあげても少しでも発音が変わると伝わりません、、、 生活に慣れるまでは口頭で伝えるのではなく、字で見せるのが一番効率的かと思います。 、、、私もようやく近所の住所を聞き取ってもらえるようになりました。 (※郊外では英語が伝わらないので、ジェスチャーとつたないベトナム語を使いこなす必要があります!)     日本語の浸透度は?? 私がベトナムにきた当初驚いたことは、日本食レストランでは日本語を話すスタッフさんが多数いらっしゃることでした。 弊社ベトナム人社員もそうですが、日本の文化や食べ物を好まれている方も多く積極的に勉強をされている学生や、学んできた日本語を生かして就業されている方もたくさんいます。 日系企業には日本語話者の方が少なからずいらっしゃるイメージなので、日系企業の止まらない進出と共に更に増えることが予想されますね。     日常の食事について どうしても海外で生活することをイメージしたときに、その国の料理になじめるのかどうかを気にしてしまいますが、ベトナムの場合は心配されずとも大丈夫です! ベトナム料理はもちろんですが、日本・イタリアン・フレンチ・韓国・インド・タイ、、、様々な多国籍料理がお手軽に楽しめます。 スターバックスやマクドナルドの日本でのおなじみのチェーン店も展開しているので、周りを見ていても食事で悩まれる方は少ないですね。 ★私はランチで3万ドン(150円)のローカル麺料理やご飯を頂いています。(日本に比べると圧倒的に安いですね!)   お仕事ももちろんですが、長く暮らす上で生活環境についてはより気になりますよね、、、。 あまり知名度が高くない国かとは思いますが、近い存在になるべく今後もホーチミンでの暮らしの様子についてレポートしていきますので、どうぞよろしくお願いします!   【 次回 】運動不足に陥りやすい海外生活の中で、次回は日本人が集まるスポーツコミュニティの全貌をお伝えします!

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

ベトナム生活あれこれ<北部・ハノイ>

本記事はこんな方におススメ!! ベトナムに住む日本人ってどんな生活をしているの? ご飯は何をたべてるの? 週末は何をしているの?   ベトナム在住者の日常をお届け! シンチャオ!こんにちは! RGFベトナム拠点の長谷川です。 春から夏へと変わりつつあるハノイより、今回は日本人在住者の日常生活にフォーカスを当ててハノイをご紹介します。 社員Aの1日に密着!! ここでは実際に働いている方が平日どんな生活をしているのかご紹介します。 モデルケースとして社員Aにご協力してもらいました。   彼の1日はカフェから始まります。 出社前にカフェに立ち寄りお気に入りのコーヒーを購入! みなさんご存じないかと思いますが、ベトナムはコーヒー豆の生産量が世界でもトップレベルなんです! また、歴史的背景からもカフェ文化が浸透しており、外資系有名カフェチェーンはもちろん、ローカルチェーン・路上カフェなど、様々な形でベトナム人の方たちはコーヒーを楽しんでおります。   午前中の仕事が終わったらお待ちかねのランチタイム! 普段は会社近くのローカル食堂で 定食や フォーを食べております。   1日の仕事終わりには社員みんなでご飯を食べに行ったり、ジムに行ったりして過ごします。 ハノイには有名な日本食屋さんやイタリアン、タイ、フレンチなど様々なレストランがあります。 週末の過ごし方 ハノイには週末にできる様々なアクティビティーがあります。 日本人の方にはゴルフ、フットサル、テニスなどが人気です。 その他にもハノイには日本人のコミュニティーがたくさんあり、 商工会をはじめ、たとえば都道府県人会、同じ大学出身の同窓会、スポーツ等趣味の会、平成や同年生まれの会、 はたまたハノイ女子会などご自身の興味から人脈を広げることができます。 その他にも女性の方ですと、小物や雑貨店を巡ったり、エステをされたり、アオザイをオーダーメイドで作ったりして、みなさん思い思いに週末を楽しんでおります。   私はと言いますとよくイオンモールに行っております。 日本のイオンモールと全く同じつくりで、映画館やボーリング場やジムなどがあります。 週末は家族やカップルでいっぱい! そして生活の強い味方ダイソーもあります!! お値段は日本円にして約200円とちょっと高めですが、 日本のダイソー同様なんでもそろいます。 イオンの食品売り場では日本の調味料なども購入できますので、日本と変わらない生活がおくれるかも!?   その他の過ごし方として近郊への小旅行もありますが、 旅行に関しては次回のブログで書かせていただきます!     それでは、次回の更新をお楽しみに~!! ヘン ガップ ライ!    

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

ベトナムの魅力を知っていますか!?<北部・ハノイ編>

本記事はこんな方におススメ!! ベトナムってどんなところ? ベトナムの人ってどんな性格? ベトナムについてもっと知りたい!   ホットなベトナムの情報をお届け! シンチャオ!こんにちは! ベトナム在住歴約1年、RGFベトナム拠点の長谷川です! 私は現在ベトナムの首都であるハノイに住んでおります。   数ヵ月前までは南部ホーチミンに住んでいましたので、 2つの都市を比べながら様々な情報を皆さんにお届けできればと思います。 南部担当の鹿津共々よろしくお願い致します!!   ハノイってどんなところ? 南北に長いベトナムには、大きな都市が2つあります。 1つは前回ご紹介した南部のホーチミン、そしてもう1つが今回ご紹介する北部のハノイになります。 日本の東京と大阪のように習慣や食文化に色々と違いがあります。 早速ではありますが、前回と対比する形でハノイについてご紹介いたします!! 【気候】 南北に長いベトナムは地域によって天候が全く違います! ◆ ハノイ・・・四季があります。(夏は30℃以上、冬は10℃以下になることも!?) ※ホーチミンには大きく分けて乾季と雨季しかありません。 ◆ ハノイは6~8月が雨季となり、特に7~8月は平均降水量が300mmを超える年もあるとか、、、 6~8月の東京の平均降水量は170mm弱(年により大きく異なることもあります)のため、その多さがわかりますよね!   【街並】 ◆ ハノイは緑と水に囲まれた都市です。(ソンホン川、ホアンキエム湖、タイ湖など多くの湖や川が点在しています) ◆ 街並みは全体的にホーチミンに比べると落ち着いている印象です。 お店もホーチミンに比べると閉まるのが早く(8時~10時くらい)、夜も比較的静かです。   【食文化】 ◆ ベトナム料理はもちろんのこと、西洋料理や日本食なども楽しめます。 ベトナム料理は安くておいしいです!! 実は、ベトナム料理で一番有名と言っても過言ではないPho(フォー)もハノイとホーチミンでは味が違います!! ※ベトナム料理については次回以降に詳しく!!   【住宅】 ◆ 一人暮らしの家賃相場は300~600USDで1Rのお部屋が多いです。(500USD前後が多い印象です) 日系の不動産会社もあるため安心してお部屋選びができます。(もちろん日本語で対応して頂けます) ◆ 週に数回の掃除・洗濯、水道代が家賃に含まれていることが多いです。 ※光熱費は別になります   【交通】 ◆ ベトナム人の方の移動手段はバイクが圧倒的に多いです!日本人を含む外国人はタクシー移動が多いです。 ◆ タクシーの初乗料金は60円前後(6,000~12,000VND)ほどなので、日本よりも気軽に利用できます。 また、最近ではUBERやGRABといった配車アプリも安くて人気です。   【人柄】 ◆ベトナムの方は北部も南部も親日家が多いです!!全体的におおらかで気配りのできる方が多い印象です。 ◆ 北部の人は南部の人に比べると我慢強く、勤勉な方が多いと言われています。 ◆ 家族や仲間をとても大事にする国民性で、にぎやかな事がとにかく大好きです。 ◆ 平均年齢も28~29歳と若いです!(日本は45歳前後)   【日系企業状況】 ◆ ハノイにある日本商工会に登録している企業は658社(2017年4月19日現在)。ベトナム全土では約1600社の企業が進出しております。 ◆現在でも業種を問わず様々な企業がベトナムへ進出してきています。   今回は以上となります。 みなさんベトナム・ハノイにご興味を持っていただけましたでしょうか? これからも定期的にハノイの情報をお届けできればと思います。 みなさんが少しでもベトナムでお仕事をする参考にして頂ければ幸いです!!   次回は、ベトナムでの生活にフォーカスして情報をお届け致します。 ヘン ガップ ライ!! ——————————————————————————- ☆下記ベトナム情報も是非ご覧ください☆(引用) <JETROベトナム>https://www.jetro.go.jp/world/asia/vn/ <ハノイ商工会議所>http://jbav.vn/ja/  

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します