RGF HRAgent

中国の記事

中国の記事一覧 中国 

上海の月餅は肉入り!?行列が出来る鮮肉月餅。

「月餅」と聞いて思い浮かぶのは、 中華街でよく売っている、甘い餡が入ったあの月餅ではないでしょうか? しかし、ここ上海では「鮮肉月餅」と呼ばれる、お肉入りの月餅が人気。 有名なお店では、行列が出来て一人何十個と買っていく姿も。 今回は、そんな上海の月餅についてご紹介します! 月餅もいろいろ。甘い月餅と肉入り月餅。 日本でよく目にするのは、この月餅。     茶色で、凸凹した模様がしっかりついた、しっとり甘い「皮」と甘い餡。 蓮の実餡や、ナッツ、塩漬けの卵黄が入ってるなど、その種類はじつに豊富。   じつはこれ、「広東式月餅(広式月餅)」と呼ばれる、広東地方が発祥の月餅です。   上海でも、この月餅を目にすることはありますが、 もっと人気が高いのは「鮮肉月餅」と呼ばれる肉入りの月餅です。   「あの甘い皮に、肉は合わなさそう・・・。」   と思われるかもしれませんが、 鮮肉月餅は、その見た目からして広東式月餅とは全く違います。   見た目はこんな感じ。     子供のこぶし位のサイズで、おまんじゅうのような形をしています。   白くサクサクともろい「皮」、上部に赤いマークが入っているのが特徴です。 中には、味付け調理されたお肉が入っています。   簡単に言ってしまうと、ミートパイ。 欧米のミートパイよりも、サクサクポロポロとした食感のパイ生地で作られています。   お店によってその具材も様々で、お肉と一緒に、海老や松茸が入っているものもあります。     これは、蘇州式月餅と呼ばれる種類の月餅で、「皮」の違いが特徴的です。   もともと、月餅は「丸い甘いお菓子」とされるので、 このパイ生地で、中に甘い餡が入った月餅もあります。   また、この季節になると、 上海の三大寺の1つである「静安寺」でも月餅が販売されて行列ができます。 お寺で販売されているものは、豆などを使ったベジタリアン仕様になっています。     そもそも月餅とは?? 日本の中華街では、1年中季節に関係なく購入のできる月餅ですが、 本場の中国では、季節もの。 日本でいうと、桜餅や柏餅のような季節限定の存在です。   そんな月餅の季節は秋。 中秋節を祝うときに、欠かせない食べ物です。   中秋節とは、旧暦の8月15日をお祝いする祝日。 春節(旧暦1月1日)、端午節(旧暦5月5日)と並ぶ、中国の大切な祝日です。   日本にも、ススキと月見団子を飾り、中秋の名月を愛でるお月見の風習がありますが、 これは、平安時代に中国から伝わったものとも言われています。   中国の中秋節では、 満月を「欠けるところのない完璧なもの」の象徴とし、家庭円満や秋の豊作を祝っています。 月餅は、この満月をかたどっており、中秋節に欠かせない食べ物です。   現在でも中秋節には、家族が集まり食卓を囲み、一家団欒する大切な日となっています。 また、家族以外にも、お世話になった人や大切な人に、月餅を贈る風習もあります。 現代風の変わり種。スターバックスやハーゲンダッツの月餅。 昔ながらの月餅以外にも、現代風の月餅も販売されています。 有名なものだと、 コーヒーチェーン店で有名なスターバックスや、アイスクリームでおなじみのハーゲンダッツの月餅。   スターバックスは、コーヒー味や抹茶味など、スターバックスらしさを出したもの。 月餅の模様も、トレードマークの人魚になっているオリジナルです。 また、広告にも「あなたを想う。お互いに集まろう。」という意味の言葉が書かれています。     また、ハーゲンダッツでは、アイスクリームで作られた月餅が販売されます。     また、有名なホテルでも、オリジナルの月餅が作られています。 ちなみに・・・ これらの月餅は、贈答用に作られているため、お値段もなかなかです。   まとめ 今回は上海の月餅について、ご紹介しました。   中秋節には、まだ時間はありますが、8月に入った頃から上海では月餅の広告が始まります。 (今年の中秋節は2014年10月4日なので、約2ヶ月も前から始まります!)   月餅を買い求める行列はまだ見ませんが、これから徐々に盛り上がっていくことでしょう。   日本では、あまりメジャーではない「鮮肉月餅」。 食べてみると、なかなか美味しくてオススメです。 もし見掛けたら、是非試してみて下さい! 出典 ■サイト名 横浜中華街のサイト URL:http://www.chinatown.or.jp/guide/mooncake/ ■サイト名 国立天文台 中秋の名月(2017年10月) URL:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/10-topics02.html ■サイト名 上海人のサイト URL:http://shanghai-zine.com/topics/1307 ※上記の記事は、取材時点(2017年08月末)の情報を元に作成しております。 現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。

中国の記事一覧 中国 

北京で家探し!中国で住むならどこに住む?【北京編】

北京での住宅事情や日本人の多いエリア、 家探しのポイント、入居前に確認すべきポイントなど、 一人暮らしの実例を写真とともご紹介します。 北京ってどんなところ? 政治と伝統の中心地 北京。   春と秋は短く、夏は高温多湿、冬は乾燥して寒い日が続くのが特徴です。 (こちらもcheck→ 中国で住むならどこに住む?【都市紹介編】)   グラフを見ても、雨は7月8月に集中してるのが分かります。 冬だけでなく、夏以外はかなり乾燥しているので注意が必要です。             北京 気温・降水量平年値(気象庁より) 北京で住むならどのエリア? 兵庫県2つ分の広さを持つ北京市。(四国に匹敵する大きさとも) 広大なため、居住エリアも様々ですが、 今回は、中心地にオフィスがあると仮定して、日本人にとって住みやすいエリアをご紹介します。   ■CBDエリア (Central Business District) 国内外の有名企業が進出する、北京一のビジネスエリア。 国貿中心、華貿中心など有名な複合施設ビルが建ち並ぶ。 現在も開発が進行中で、オフィスビルや商業施設が増えている。 また、高級ホテルや高級サービスアパートメントも多い。   ■燕莎・麗都エリア 日本人学校があり、日系学習塾、日本食レストランなど、 日本人にとって住みやすい環境が整っているエリア。 空港までのアクセスもよく、空港を利用する頻度が高い人にはオススメのエリア。 また、近くにはコリアンタウンとして有名な「望京」がある。   ■王府井・建国門エリア 中国の政府系機関が集まる政治の中心地。高級マンションも多くあるエリア。 「北京の銀座」と呼ばれる観光地「王府井」も近い。   ■東直門・三里屯エリア 空港やバスターミナルへ行ける高速鉄道が通っており、各方面へ交通の便が良いエリア。 中国国内出張が多い人にはオススメのエリア。 三里屯は、おしゃれなエリアとして開発されており、欧米人が多く住む。 現地のレストランやカフェの店員も外国人に慣れているため、英語を話せる人が多いのも特徴。   ■亮馬橋エリア 日本人が一番多く住むエリア。 大使館が多く集まり、日本大使館もこのエリアにある。 日本人向けのマンションやレストランなども多い。 大きなショッピングモールがあり、様々なレストランや映画館などがある。 また、上海でもおなじみの日本人向けスーパーマケット「しんせん館」も入っている 一人暮らしの実例を写真付きでご紹介!!     ■立地と家賃 立地:四環外(最寄駅から徒歩約20分) 間取:ワンルーム 約30㎡ 家賃:約4200元(約68,000円)   ■部屋の様子と暮らし方 バスルームは、ユニットバスで浴槽はなく、シャワーのみ。 中国では浴槽が無く、シャワーのみの場合が多いです。   この家は、トイレとシャワーの間に仕切りがあるけど、 その仕切りがなく、トイレの上にシャワーが付いてる場合も・・・。   キッチンには、一口のIHクッキングコンロが付いており、料理することも出来る。 しかし、デリバリーで食事を頼むことが多いので、あまり料理はしていません。   その他、家電や家電は全て備え付け。 (ベッド、机、冷蔵庫・電子レンジ・エアコン・洗濯機など)   マンションの1階には、共有スペースがあり、 大型キッチン・リビングスペース・ジムが備え付けられている。 リビングスペースでは、友達とパーティーをしたり、大きなテレビで映画観賞することも。   入口には、セキュリティーが24時間体制でいるので一人暮らしでも安心!   オフィスへは、バスか地下鉄で通えるが、 通勤時間帯は道が渋滞することが多いので、駅まで歩いて地下鉄で通勤してます。   市の中心部から8キロ程離れたエリアのため、 オフィスまでは少し遠いが、家賃が安く、部屋も綺麗なので満足してます! 北京での家探し 気を付けたいポイント!! ■その大家さん本当に持ち主?? 家を借りる際には、大家の不動産所有証明、身分証明の確認もした方が安全。 又貸しのケースもあり、本当の大家から突然退去を迫られる場合もあります。   ■家賃の支払い方法を確認 支払い方法が多様化してる中国。 家賃の支払いも日本の様に銀行振込とは限りません。 昔ながらの現金払いや、アリペイなど支払い方法を確認しましょう。   ■家賃以外の費用負担も確認 光熱費、通信費、修理費用、固定資産税の支払いなど、 家賃以外の費用も色々あります。 電球1つから大家が負担してくれる場合や、 何年も使われ続け、入居してすぐに壊れた家電の支払いを請求される場合も。 いざという時に揉めない様に、予め思いつく限りの費用については確認しましょう。 また、冬季の暖房代(暖気)についても要確認です。 この費用は光熱費とは別で、一般的には大家が負担するといわれています。 (暖気についてはこちらをcheck→ 中国で住むならどこに住む?【都市紹介編】)   ■トラブル発生!まずは誰に連絡すれば良い? 中国での生活は、100%何かしらトラブルが発生します。 お湯が出ない、水漏れ、インターネットが突然切れた、などなど・・・。 そんな時、まず最初に誰に連絡すれば良いのか、聞いておきましょう。 直接大家さんとやりとりしなくても、 管理会社の人が間に入ってくれてスムーズに解決する場合もあります。   ■光熱費の支払い方法に注意 日本では、使った分だけ請求される後払いが基本の光熱費ですが、 北京では、ガスや電気等の光熱費はチャージ式の前払いが基本です。…

中国の記事一覧 中国 

生花だけじゃない!中国上海の花市場でお買い物!

上海での生活にも慣れてくると、お部屋に彩りが欲しくなる今日この頃。 上海最大規模と言われるローカルな花市場へ行ってみました。 その実態は、ただの花市場にあらず。 そんな、曹家渡花市をどこよりも詳しくご紹介します! 中国の花市場はこんなところ。 日本で「花市場」というと、 卸販売がメインで業者の方のみが購入するイメージがありますが、 中国では、卸販売を行いつつ、一般の人も購入出来るのが特徴です。 また、市内には大小様々な花市場が点在しており、各エリアごとにある印象です。 今回は、上海で最大規模といわれる【曹家渡花市 cáo jiā dù huā shì 】へ行ってみました。   入口のゲート横には映画館あり。なぜかタイタニックのポスターが。   ゲートをくぐって奥に進むと建物が。これが花市場の入口です。   場内をざっくりご紹介。 曹家渡花市は上海最大といわれるだけあって、かなり広いです。 3階建の建物が2つ繋がっており、両方とも花市場になります。   手前にあるのが「老大楼」。奥にあるのが「新大楼」。 新大楼へは、1階からと2階の渡り廊下から行くことが出来ます。   どちらの建物も、 1階は、生花 2階は、シルクフラワーと呼ばれる造花、家具、雑貨など 3階は、ラッピング資材や婚礼用品など を扱っています。     手前の建物では、主に一般客向けの花屋が並んでおり、 切り花や花束、フラワーアレンジメントなどが、綺麗めの店舗で販売されています。       奥の建物では、主に業者向けに卸販売が行われおり、また違った雰囲気となっています。 (卸販売のエリアでも、購入可能)       足元が滑りやすくなっているので注意。 頻繁に掃除をしていても、取り扱う花の量が多いから、すぐ汚れてしまうようです。     普通の花屋さんではなかなか見ない、バラの平積み。       生花だけじゃない花市場! ここで扱っているのは、生花だけではありません。   観葉植物をメインに扱う店や、 多肉植物をメインに扱う店もあります。   多肉植物は、人気なのか複数店舗あり、寄せ植えもしてくれるようです。     また、数は少ないですが、ドライフラワーを扱う店舗もありました。 (お店の前を通るとラベンダーの良い香りが♪)   2階では、生花以外の物を扱っており、 シルクフラワーと呼ばれる造花は、 とてもクオリティーが高く、パッと見ただけでは、普通の花と違いが分からない程。     イベントなどで使用する、大きなペーパーフラワーを作成する店舗もあります。         植物だけじゃない花市場! 「お花を買うなら、花瓶が必要。」 ということで、花瓶や鉢植えを扱うお店もあります。   そこから派生したのか、 噴水を扱う店や、家具や雑貨などインテリアを扱うお店も多数。   ローカルな建物の外見から想像できない、 オシャレなインテリア雑貨が多いのが、正直びっくり。 (引越して部屋作りをする前に、ここを知っていれば・・・!)   クッションを扱うお店         テーマカラーごとに陳列された雑貨         アンティークショップっぽい雑貨屋         花市場でのお値段は?注意点は? ■業者向けの値段と一般客向けの値段は違う。 卸価格で購入できるのかというと、そうではありません。 一般客が購入する際には、卸の値段よりも高く設定されています。 しかし、街中のお花屋さんで購入するよりも安く購入することが出来ます。 常連さんになると安くしてくれるとの声も。   ■広くて出口が分からない!迷子にならないように注意。 お店を見ているうちに、奥へ奥へと進んでしまい、現在地が分からなくなることも。…

中国の記事一覧 中国 

中国で住むならどこに住む?【都市紹介編】

広い中国。 数ある都市の中から、北京、上海、大連、広州の4つの都市について、 その特徴や基本情報を北から順に紹介します! 日本人に暮らしやすいと評判の都市 【大連】 朝鮮半島の根元あたり、遼寧省(りょうねいしょう)に位置する大連市。 (中国語では、辽宁省 liáoníng shĕng 大连市 dàlián shì)   緯度は、日本の仙台市とほぼ同じ、面積は長野県と同程度。   人口は、324.5 万人、在留邦人数は約5700人で、 中国で一番日本人比率が高い地域とも言われています。   気候は、四季がはっきりとあり、年間平均気温は 6°C〜11°Cと低めです。 夏は、日中は気温が上がりますが、朝晩は涼しくて過ごしやすく、 冬は、最高気温が氷点下になることもあり、寒くなります。   しかし、暖気(暖气nuǎnqì)と呼ばれる、 セントラルヒーティングシステムがどこでも完備されており、 室内は24時間暖かく、真冬でも半袖で生活が出来る程の快適さです。   大連市は、中国の中でも、日本と関係の深い都市の1つ。   南満州鉄道の本社が置かれ、その建物が今でも残っています。   また、現在では日系企業が多く進出し、 日本食レストランや、日本人にとって生活のしやすい環境が整っています。   大連へ留学した人の中には、 中国での就業を希望する際に、大連のみを指定して就職活動をすることもある程です。 政治と文化と伝統の中心地 【北京】 三方を山に囲まれた、華北平野最大の都市 中国の首都 北京市。 (中国語では、北京市 Běi jīng shì)   緯度は、秋田市や北朝鮮の平壌とほぼ同じ、面積は、兵庫県2つ分と同程度。   人口は、1,961万人。   気候は、夏は湿度が高く蒸し暑く、 冬は極度に乾燥して寒く、最低気温が氷点下10度を下回る日もあるほどです。   しかし、大連と同様、 暖気が整備されているため、室内は24時間温められて快適です。 (冬は、南部よりも北部の方が、暖房設備がしっかりとしていて、過ごしやすいとの声も。)   北京は、政治の中心地ということもあり、 ビジネスや流行よりも、政治思想を大事にし、伝統を重んじる保守的な土地柄と言われます。   万里の長城や故宮博物館(紫禁城)など、世界遺産や歴史的建造物も多く、 映画のロケ地として使われることもしばしば。   オリンピックの開催が控えており、 交通網や生活のしやすさなど、都市機能が発達していくと言われています。 流行に敏感で新しいものを受け入れる 【上海】 中国の東側 華東に位置する中国最大の経済都市 上海市。 (中国語では、上海市 shàng hǎi shì)   緯度は鹿児島市とほぼ同じ、面積は大分県と同じ。   人口は、1,434.9万人。   気候は東京とほぼ同じように推移していき、夏は暑く、冬は寒いのが特徴です。 春と秋は短いですが、空気もよく気持ちの良い季節となります。   1842年の南京条約をきっかけに、 イギリス、フランスなどの上海租界が形成され、今でも、西洋建築が並ぶ街並みが点在しています。   また、共同租界の中には、日本人街もあり、 戦前には、10万人とも言われる多くの日本人が生活していました。   今でも、多数の国や都市から人が移住し、上海の街に溶け込んでいます。 新しいものを積極的に受け入れ、取り入れていく、それが国際都市 上海です。 食は広州にあり。チャンスも広州にあり。【広州】 香港の内陸、深センのさらに奥にある広東省 広州市。 (中国語では、广东省 guǎng dōng shěng 广州市 guǎng zhōu shì )   緯度は、沖縄よりさらに南、台南とほぼ同じ。面積は、熊本県と同程度。   人口は、852.5万人。   気候は亜熱帯性で、夏は猛暑、冬でも平均最低気温は10度前後と高め。   しかし、冬でも湿度が高く、建物も夏仕様に作られているため、 実際の気温よりも、体感温度は低く、寒く感じます。   『食在広州』(食は広州にあり) という中国の諺のとおり、古くから食の都として知られています。   初めに日本に入ってきた中華料理は、広東料理で、 ひと昔前の中華街では、広東料理を扱うお店がほとんどでした。   「中華料理は、四つ足のものは、机以外何でも食べる。」と言われますが、 これは広東料理のこと指した言葉です。…

中国の記事一覧 中国 

中国ってどんな国?中国の最新基本情報

今回は世界最大の13億人以上の人口を持つ、 日本のお隣の国 【中国】について、 首都北京と中国経済の見通しをメインに、最新の基本情報をご紹介したいと思います。  中国の基本情報について 東アジアの大部分を占める国 中国。 古代中国の時代より、周辺諸国への影響は絶大で、 日本のみならず、過去には韓国、ベトナムでも漢字が使われていました。   人口は、約13億7600万人で、現在世界で最も人口の多い国です。      首都 北京について  首都の北京は、中国の政治と文化の中心地、 三方を山に囲まれた華北平野最大の都市です。 その大きさは、日本の四国に匹敵するほど。 (正確には、四国から大阪府を引いたサイズに近い。)   北京の中心地は、天安門広場。 ニュースなどでよくみる、毛沢東の肖像画が掲げられたあの門です。 その奥には、かつて皇族が生活した宮殿の紫禁城があり、 現在は、世界遺産の1つ故宮博物館として見学ができます。   広場の西には、 日本の国会議事堂にあたる、人民大会堂があり、 中国政府の重要な政治の中心地となっています。   北京の気候は、「夏は酷暑、冬は極寒」と言われます。 夏の平均気温は東京と同程度、 ただし、日本のような梅雨の季節はなく、一気に真夏になります。   冬の気温は、マイナス10度近くにもなります、 しかし、どの建物にも「暖気」と呼ばれるセントラルヒーティングシステムがあり、 室内は24時間暖められ、半袖で過ごせるほど暖かさです。     北京市内には、世界遺産や歴史的建築物が点在しており、 映画の舞台などにも使われています。 金曜の夜に、映画で古代中国のロマンに触れ、 翌日には、実際に現場を訪れてそのスケールを体感してみるなど、 北京ならではの休日の過ごし方が楽しめます。   2022年には冬季オリンピックの開催が控える北京。 今後ますますの発展が期待されます。  中国経済の今後と見通し 中国経済の失速が噂されていますが、 現地法人を持つ日系企業へのアンケートなどを見ると、 依然、事業展開先として有望視していることが伺えます。   国際協力銀行が実施した 「2016年度海外直接投資アンケート調査結果」によると、   海外現地法人保有状況では、生産・販売共に、世界全体で中国が第1位を獲得。 実際に2015年度には、中国での日系現地法人が85社増えており、 日本企業が中国への進出に依然積極的に動いていることが分かります。   また、有望事業展開先国として、 中期的(3年程度)・長期的(10年程度)、 どちらのランキングでも、前回より獲得ポイントを増やし、第2位を獲得しています。   その理由として、 「現地マーケットの今後の成長性」 「現地マーケットの現状規模」が上位に挙げられています。 現在、そして今後も、 日系企業が中国市場規模の大きさに、魅力を感じていることが分かる結果です。    まとめ 実際に生活してみると、 中国は非常に発展した都市であり、在留邦人数の多さから、 日本人にとって、予想以上に快適に生活が出来ます。 (もちろん、文化の違いや価値観の違いはありますが。それは海外なので当たり前。)   皆さんも、是非一度、本当の【中国】の魅力に触れてみてはいかがでしょう?    □出典 ・外務省 中国基礎データ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/data.html ・国際協力銀行 海外直接投資アンケート調査 https://www.jbic.go.jp/ja/information/research ・IMF – World Economic Outlook Databases (2016年10月版) http://www.imf.org/external/ns/cs.aspx?id=28  ※上記の記事は、取材時点(2017年01月末)の情報を元に作成しております。 現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。  

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します