RGF HRAgent

インドの記事一覧 インド 

【インドの秘境】ハンピに行ってきた【異世界】

はじめまして。 RGF select India インターン生の林です。     先日、バンガロール出張に合わせて、南インドの秘境・ハンピに行ってきました。     (バンガロール情報についてはこちらをご覧ください)       インドと聞いてハンピが思い浮かぶ方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。 今回の記事では、ハンピの魅力を余すところなくお伝えします!       ハンピとは? ハンピは、南インド・バンガロールの北西約350kmに位置する都市です。         14世紀から16世紀半ばにムスリム勢力に制圧されるまで、ヴィジャヤナガル王国の首都として栄えました。 現在でも、16世紀の遺跡が残されており、1986年には「ハンピの建造物群」として世界遺産にも登録されました。 その一方で、交通の便の悪さからかあまり観光地化が進んでおらず、インドの中でも秘境として知られています。     ハンピへの行き方 ハンピへは、バンガロールやチェンナイ、ゴアなど、周辺の都市を経由して行くことが一般的です。 今回は、私が使ったバンガロールから夜行バスで向かうルートをご紹介します。     まずは、夜行バスのチケットを買います。 Kempegowda Bus Terminalにある、KSRTC Advance Ticket Reservation Counter(青い看板が目印)に行き、ハンピに行きたいと伝えましょう。       今回はヒンディー語が話せる方に手伝ってもらい、スムーズにチケットを買うことができましたが、不安な場合は日時・行先・AC or Non AC(エアコンの有無)を紙に書いて渡すと問題なく買えると思います。     すると渡されたのがこのチケット。 写真はハンピ→バンガロールのチケットですが、これと別にバンガロール→ハンピのチケットも渡されました。         この1枚で2人分のチケットとなっています。 今回はAC Sleeperを選び、1人片道580ルピー(現在のレートで約930円)でした。     バスターミナルの様子はこんな感じでした。         23時頃に到着しましたが、フードスタンドがたくさん開いていて、とても活気のあるバスターミナルでした。     今回乗車したのがこちらのバス↓         日本ではなかなか見かけない寝台バスです!         車内は2人用寝台と1人用寝台が通路を挟んで並んでおり、それぞれがはしご付きの2段ベッドになっていました。 1人用寝台から埋まるので、一人旅の方は早めにチケットを買うことをおすすめします。 ちなみに、写真の通り、枕と毛布、カーテンはありますが、電源・wifiはありませんのでご注意を。 また、ACつきにすると冷房の風が直撃してなかなか寒いので、羽織るものを持ってくるべきだったと後悔しました。       運転手さんに急かされながら乗り込み、バスはインドにしては珍しく(?)定刻通りに発車しました。 7時間ほどでハンピに到着。フルフラットなのもあり、日本の夜行バスよりもよく眠れました。       ハンピのバス停に着くと、さっそくリキシャの運転手さんたちに囲まれます。(ちなみに帰りのバスも同じ場所から出ます) 私たちはその日の夜行バスでバンガロールに戻る弾丸旅行だったので、一日フルでハンピを回るツアーを1人600ルピーでお願いしました。 (ちなみにその後インド人の友人に聞いたところ、400ルピーでいけたよ!払いすぎ!と指摘されました…) 交渉が成立したところで、いざハンピツアーへ出発!     ハンピの名所   ハンピといえば、     岩、     岩、    …

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

インドネシアの軽井沢!?自然豊かな街・ボゴール

Selamat siang, みなさんこんにちは! RGFインドネシア 学生インターンのKarlieです。   突然ですが…   インドネシアはバリ島だけじゃない!   いや、日本で一番有名なインドネシアの観光地といえば、バリですけど、 自然に囲まれた素敵な街は、ほかにもたくさんあるんです!!   今回はジャカルタから約60km、 私のインドネシアのホームタウンでもある自然豊かな街・ボゴールについてご紹介します。     【ボゴールって、どんな街?】   ボゴールはジャカルタから南に約60km、車で1時間ほどのところに位置します。 標高が高い高原地帯にあるため、1年を通して涼しく、 お金持ちの別荘が多いことから、インドネシアの軽井沢とも呼ばれています。 (あれ?私が勝手にそう呼んでるだけ…?)       インドネシアの人に“ボゴールってどんな街?”と聞くと、2種類の答えが返ってきます。 一つ目は“Kota hujan(雨の街)”。                                インドネシアには雨季と乾季の二つの季節がありますが、 ボゴールは季節に関係なく雨が降ります。   私が住んでいたボゴール西部の地域では、5日間連続で 雨が降らないことは珍しく、大体3日に1度は雨の日です。   ただ、日本の梅雨のように一日中降り続くわけではなく、 朝から昼過ぎにかけては快晴、夕方から雲が出てきて夜に雨が降る、といった具合です。 雨が降り始めると気温が下がるので、私はボゴールで熱帯夜というものを経験したことがありません。 (なんと、寝るときは毛布が必須なくらい寒いです!)   住み始めた当初は、ここが本当に熱帯のインドネシアなのかと驚くほどでした。     二つ目は“Kota macet(渋滞の街)”。   ※bogor.netより   主にインドネシアの都市部ではそうですが、特にボゴールは渋滞が激しいことで有名です。 住んでいる場所から10kmほど離れたモールに車で行くのに3時間かかったこともあります。 (あまりに進まなすぎて、歩いて行ったほうが速いと思ったほどでした。 ひどいときは15分に10mほどしか進めないこともあります。)   以上のことから、ボゴールに旅行に行かれる際は、時間に余裕を持って、   さらに常に雨具を携帯することをお勧めします。     【自然豊かなボゴール】   ボゴールで一番有名な観光地と言えば、Kebun Raya Bogor(ボゴール植物園)です。   もともとはオランダ人居留地として発展し、その後様々な歴史を経て、 今では植物園としてボゴールの人に愛されています。 植物園の中には、大統領邸があり、週末にはインドネシア大統領のジョコ・ウィドドさんが訪れるそうです。            園内には博物館もあり、インドネシアに生息する様々な動物の標本・はく製を見ることができます。     シカがたくさんいて、まるで奈良の東大寺のようです! 休日には、シカがいるところでニンジンを売る人がおり、 そのニンジンをシカにあげる子供連れの家族で賑わいます。     【ボゴールの名産】   ソトボゴール   ソトというのはスープを表すインドネシア語で、ボゴールでは至る所にソトボゴールの屋台を見ることができます。 ※ResepiKokiより     アシナンボゴール     マンゴーやメロンなどのフルーツや野菜を甘辛いタレに漬けたインドネシア風お漬物です。 口に入れると、ピリッとしたからさの中に果物の甘さが何とも言えないクセになる、不思議な味がします。 ボゴール駅では、道端でアシナンが袋に入って売られています。     クエラピスボゴール     クエはケーキ、ラピスは層を意味し、 その名の通り層がたくさん積み重なったような模様が特徴のケーキです。 層状の模様が鮮やかできれいですよね!     以上、ボゴールについてご紹介しました。 ジャカルタから1時間ほどで行ける、ボゴールの豊かな自然に癒されにいらしてください!  

1か月○円生活!?~実際にいくらかかるの?インドネシアの生活費事情~

Selamat siang semuanya😊 皆さんこんにちは。学生インターンのKarlieです。   外国で暮らすときに不安なことのひとつが、物価ですよね。 毎月の生活費がいくらくらいかかるのか、とても気になります。   国が違えば物価も違う!   ということで、私の1か月の生活費をご紹介しながら インドネシアと日本の物価の違いをご紹介します。   (※1円=120インドネシアルピアで換算しています。)     家賃…7000円 (ボゴール)、14000円 (ジャカルタ)     家賃はボゴールのほうが断然安いです。 インドネシアでは多くの人はコス(コサン)と呼ばれるアパートを借りて生活しています。   コスにもさまざまあって、部屋のみ・バス、トイレは共有というものから、 ホテルの一室のようなコス(なんとジムやプール、時には各部屋にキッチン付き!)など、 自分の予算や希望に合わせて住む場所を選ぶことができます。   (過去記事 ジャカルタどこ住む?住居探し【一人暮らし編】 も是非ご覧ください!) https://www.rgf-hragent.asia/blog/indonesia/925/   私が生活していたコスは両方とも、広さは12畳ほどでシャワー・トイレは各部屋に一つ、 ベッド・机・エアコン・洋服棚付き、Wi-fi完備と、とても快適なお部屋でした。 (シャワーは水しか出ないんですけどね…  でも、18:00くらいまでに浴びれば太陽光で自然の温水シャワーになります!!!!! 今になっては、すっかり水シャワーに慣れました。)     (お見苦しくてすみません… こんな感じで生活しています。 さらに、2畳ほどのバスルームがあります。キッチンは共有です。)     大家さんもとても優しい方で、果物を差し入れしてくれたり、 ご飯を作りすぎてしまったからと食事に誘ってくれたこともありました。 近所に住む友人とお泊り会をしたこともいい思い出です。   現地の人と交流して仲良くなるには、コスはぴったりの場所だと思います!       通信費…ボゴール、ジャカルタともに約500円     日本で使っていたスマートフォンをSIMフリー化して使っています。 SIMカードはコンビニ等で購入することができ、さらにプリペイド式なので 自分の使う量に合わせてチャージが可能です(電話はプルサ、インターネットはクオタと呼ばれるものをチャージします)。 私はインドネシアで最も回線が安定していると言われているTelkomselのSIMカードを使用しています。 1か月5GBで500円ほどです。 電話はほとんど使いませんので、3か月に1回、300円分ほどチャージしています。 アプリからクレジットカードでプルサやクオタを購入できるので、とても便利です。       食費…約9000円(ボゴール)、約15000円(ジャカルタ)         私は、インドネシアでは、週末を除きほとんど毎日外でご飯を食べています。 ボゴールはジャカルタと比べて田舎なので、食べ物は比較的安いです。 1食大体100円ほどで食べることができます。 ジャカルタではそこまで安くはありませんが、ファストフードでは 1食500円ほど、屋台では1食300円ほどで食べられます。 モールのレストランに行くと、1000円ほどでおいしい和食も食べられます! 私のお気に入りは、丸亀製麺と大戸屋です!!       交通費…約2000円    インドネシアでは、グラブやゴジェックといった配車アプリが発達しており、 スマートフォンひとつでどこへでも行くことができます。 料金は10kmで200円ほど、バイクだと渋滞もすり抜けられるため、慣れてしまいさえすれば快適です。 (バイクだけでなく車の配車サービスもありますので、ご安心を!)                         私が日本人だとわかると、珍しいようで話をしてくれるドライバーさんが多いのですが、 どんなにつたないインドネシア語でも「すごいねぇ」とたくさんほめてくれるので、 インドネシア語への自信を失ったときによく元気をもらっていました。笑 私は、ドライバーさんとの会話でインドネシア語力が向上した気がします。   また、アンコットと呼ばれる乗り合いミニバスも発展しており、 1回30円でどこまででも乗ることができます。 街ごとに路線が決まっていてそこを巡回しているので、 どれに乗ればよいか分からないときは運転手さんに聞きましょう。       ただ、どの交通機関にも言えることですが、日本人だとわかると高額な料金を請求される場合もありますので、 不安な方は無理をせずブルーバードタクシーの利用をお勧めします。    …

ベトナムの記事一覧 ベトナム 

インターン生募集!RGF Vietnam

RGFベトナムでインターンシップを経験してみませんか? ご興味のある方は下記までお問い合わせください! vietnam-jp@rgf-hragent.asia

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

これさえ覚えればインドネシアで人気者?~思わず踊りたくなるI-popの世界~

Selamat siang! 皆さんこんにちは。 RGFリクルートインドネシア 学生インターンのKarlieです。   インドネシアの街を歩いていたり、通りに面した食堂でご飯を食べていたりすると 突然、大音量の音楽を後ろに積んだスピーカーから流しながら、荷台を引く人々に出会うことがあります。 そういう曲は大体リズムが独特で、耳にすると私はいつも思わず踊りたくなってしまいます。   ブラジルのサンバのように、インドネシアにもノリノリな曲がたくさんあるのです!   今回は、インドネシア音楽、 “I-pop” (と勝手に私が呼んでおります)の中から、 私がほぼ毎朝ノリノリで聞いているお気に入りの曲をご紹介します!     1.〈Sayang (サヤン)〉    Via Vallen         この曲は、インドネシアに来たことがある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?   日本でも有名な キロロ「未来へ」 のインドネシア語cover ver.です。   インドネシアの大衆音楽である、ダンドゥッという曲調にアレンジしてあります。 ダンドゥッ=踊りたくなる曲と言っても過言ではないくらい、軽快なメロディが特徴です。   題名のSayangというのは、インドネシア語で愛しい人という意味で、 愛しい人を待ち続ける女心が歌われています。   キロロの未来へは、誰かを励まして元気づける曲ですが、 I-popにかかれば恋愛ソングになってしまうのです。       2.〈Lagi Syantik (ラギ シャンティック)〉    Siti Badriah       この曲はメロディーが軽快で覚えやすく、くり返す歌詞が多いので覚えやすい歌です。 そして、なんと言っても歌詞がかわいいんです!!   ◆◆◆◆◆   Hei sayangku ねえ 私の愛しい人   Hari ini aku syantik 今日の私 きれいでしょう   Syantik bagai bidadari 天使みたいにきれいでしょう   Bidadari di hatimu あなたの心にいる天使よ   ◆◆◆◆◆   この女の人は、男の人のことをとっても好きなんだなというのが 歌詞から伝わってくるようです!!   男の子、振り向いてあげて!!と言いたくなります。 まさに、恋している女の子の歌。   親しい友人が、いつもは着ないような服を着ていたり、 いつもよりメイクアップに手間をかけていたら、aku(私)をkamu(君)に変えて、 Hari ini kamu cantik (ハリ イニ カム チャンティック)=今日素敵だね!と 言うこともできます。   些細な変化に気づいてもらえると嬉しいのは、世界共通です!       3.〈Dari Mata (ダリ マタ)〉   Jaz       今まで紹介した曲とは雰囲気が一転して、この曲はしっとりとしたバラードです。   私は、インドネシア語を勉強するときによくこの曲を聞いていました。 曲調がゆっくりであること、覚えやすい歌詞であること、MVに歌詞が文字で出てくること などから、インドネシア語のリスニングのウォーミングアップとしておすすめの曲です。…

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

インドネシアのイスラム文化①~奥が深いヒジャブの世界~

Selamat siang, 皆さんこんにちは。 RGFインドネシア学生インターンのKarlieです。   皆さんは、髪の毛を覆うように布を身に着けている女性を目にしたことはありますか?     この布はヒジャブ(インドネシア語ではジルバブ)と呼ばれ、ムスリムの女性が身に着けます。   インドネシアで暮らしてからムスリムの友人がたくさんでき、 ヒジャブひとつとっても様々な違いがあることを知りました。 日本ではあまり知られていないヒジャブ、今回はその奥深さをご紹介します!     【そもそもヒジャブってなんのため?】   ムスリムの女性に対するヒジャブ着用の義務の有無は国や地域により異なりますが、 着用する理由は一般的な解釈において 「女性が婚姻関係にない男性からの陵辱から身を守るために、ヒジャブは必要である」 からであるとされています。   女性の髪は美しく特別であるから、大衆の目から守るために着る、ということなんですね。 髪が美しさの象徴とされているのは、日本も同じだと思います。     【何歳ごろから着始めるの?】   ヒジャブを着用するかしないか、これは人それぞれです。 生まれた家や育った地域によって異なります。   ヒジャブを着ていないムスリムの方ももちろんいます。   ムスリムの友人によると、インドネシアに住むムスリムの大体の女性は、 小学校中学年から着用を始めるそうです。 その友人は、小学生の時に着始めたそうなのですが、当時は慣れないためあまり好きではなく、 学校が終わるとすぐに脱いでいたと言っていました。   中にはもっと幼いころから着ている人もおり、 街中のヒジャブ屋さんに行くと、大人用のヒジャブに混じって子供用のちいさいヒジャブが 売られているのを目にします。小さいヒジャブ、とってもかわいらしいんです。 子供服を目にしたときのような、ほほえましさを感じます。   ↑ 街中のヒジャブ屋さん 1枚大体200円~買うことができます。 色や模様が豊富です。     ヒジャブの色や形状に決まりはなく、TPOに合わせて自分の好きなヒジャブを身に着けます。 着用の方法も様々で、国によって巻き方の流行が異なるため、 私の友人はヒジャブを見ただけでその人がインドネシア人かマレーシア人か判断できると言っていました。 すごいですよね!     【ヒジャブと日本】   ヒジャブを着用するときに、髪の毛が落ちてこないようにスイムキャップのような帽子をかぶることがあります。     これ、インドネシアでなんていうと思いますか?   Ninja、というそうです。   そう、忍者です!   この ↓ 忍者です!!     まさかの、日本語…!   確かに、忍者の頭巾と少し似ているかもしれません。 初めて聞いたときは信じられませんでしたが、本当に「にんじゃ」というそうです! いつごろから使われている言葉なのか、とっても不思議に感じます。     インドネシアのユニクロの店舗には、日本では夏場によく目にする、 汗がこもりにくい生地を使用したヒジャブやニンジャが売られています。     (ユニクロ・インドネシア ホームページより)   日本の技術が海外の文化に適応している場面を見ると、嬉しく感じますし、 日本のブランドでも国によって全く異なる商品を開発していることが 面白いなと思います。     インドネシアで生活していて、一つ言えることは、 ヒジャブを被っていてもいなくても、インドネシアのムスリムの女性は日本の女性と変わらないということです。 おしゃべりが大好き、おいしいものも大好き、おしゃれも大好き! 宗教が異なっても、文化が異なっても、素敵な友人になれることに間違いありません!! 以上、インドネシアで目にすることの多い“ヒジャブ”についてご紹介しました:)    

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

インドネシアでは何語を話す?~住んでみて分かったインドネシアの素敵なところ~インドネシア紹介編Ⅱ

Selamat siang semuanya:) みなさんこんにちは。 RGFインドネシア 学生インターンのKarlieです。 インドネシアに留学していると、現地の学生に日本語を教える機会が出てきます。 日本を離れて分かりました。日本語を教えるのって難しいっ!! 敬語、活用、助詞… 0から教えるには説明が難しい文法ばかりです。   が、反して、 インドネシア語は世界一簡単な言葉のうちのひとつだということ、ご存知ですか?   今回は、インドネシアの言葉事情についてご紹介します。           【インドネシア語はとっても簡単!】   先日、インドネシアは国土が広大ゆえ文化や言葉がたくさんあると紹介しました。 500以上の言葉があると言われているインドネシアで、 公用語として定められている言葉がインドネシア語です。 「インドネシア語」という言葉自体は比較的新しく、 1928年の第2回インドネシア青年会議における決議をきっかけに、 インドネシアの公用語として認められていきました。 まだ100年も経っていないんですね! (それゆえインドネシア語では古典という文学がないそうです。)   インドネシア語のもとになったのは、バハサ・ムラユ(ムラユ語)と呼ばれる、 その昔マラッカ海峡(マレーシアの国境付近です)の周辺海域で用いられていた、 海上交易のための共通語(リンガフランカ)だった言語です。   リンガフランカとは、 「共通の母語を持たない集団内において意思疎通に使われている言語」 のことです。   つまり、リンガフランカは比較的に習得が容易な言葉である必要があるのです!   ということは、リンガフランカを先祖にもつインドネシア語は世界で最もシンプルな言葉のひとつなんですね!! インドネシア語には、日本語にあるような複雑な時制の変化や敬語は存在しません。 皆さんがきっと苦手だった、英語の現在完了や過去完了ももちろんありません! さらに、インドネシア語はアルファベットで書き表し、読み方もほぼローマ字読みなので、 タイ語やビルマ語のように、文字から覚える必要がありません。 ですので、日本人にとっては、学習を始めるまでの壁が比較的低い言語であると言えます。   なんと日常会話程度であれば3か月ほどで話せるようになります!!!   (これ本当です。私がそうでした!)     【インドネシアは多くの人がバイリンガル!】   インドネシアでは多くの人が、インドネシア語と地方語を話す2つ以上の言語を話すバイリンガルです。   私が通っていた大学は、ジャカルタから約60km南にあるボゴールという街にあり、 インドネシア全土から学生が集まります。 授業はインドネシア語で行われますが、休み時間や放課後は地方語であるスンダ語・ジャワ語・バタック語など、 まるで違う国に行ったかのように様々な言語を耳にします。   友人によると、小学校低学年から授業はインドネシア語で行われるため、 家では地方語、学校ではインドネシア語と使い分けができるようになるそうです。   ちなみに、地方語とインドネシア語、どれほど違うかというと… 「ありがとう」を例に見てみましょう。     インドネシア語では、「Terima kasih(トゥリマカシ―)」 バタック語では、「Mauriate(マウリアテ)」 スンダ語では、「Hatur nuhun(ハトゥルヌフン)」 ジャワ語では、「Matur suwun(マトゥルスウゥン)」 バリ語では、「Matur suksuma(マトゥールスクスマー)」   本当に別の言葉ですね。。   余談ですが、私は旅行に行く際、現地の「ありがとう」を必ず覚えていくようにしています。 たった一言ですが素敵な笑顔を向けてくれる方が多く、こちらまで嬉しい気持ちになるので、 インドネシアを旅行する際はぜひ地方語をいくつか覚えていくことをお勧めします:)     【インドネシア語はお得な言葉!?】   言葉に損とか得とかあるの?と思った方! 言葉を覚えて損することはまずありませんが、インドネシア語は覚えるとさらにお得なことがあるんです!   先ほど、インドネシア語のもとになった言葉はマレーシアとの国境付近で 使われていたムラユ語だとご紹介しましたが、 ということは、マレーシアでもムラユ語が使われている可能性がありませんか!? そうなんです、なんと、マレーシアの公用語のひとつであるマレー語は、 インドネシア語とは兄弟語と呼ばれていて、 マレーシアでもインドネシア語は通じるのです!   先日私がマレーシアを訪れた際、インフォメーションセンターやレストランの人に インドネシア語で話しかけましたが、ちゃんと理解してもらえました。     そしてさらに、インドネシアとマレーシアに挟まれたシンガポール、     カリマンタン(ボルネオ)島にあるブルネイ・ダルサラーム国でも、インドネシア語は通じるのです。       1つの言語を習得すれば、4つの国でコミュニケーションがとれるようになる。 まさに一石四鳥な(?)、インドネシア語なのです。  …

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

“インドネシア”って知っていますか?~住んでみて分かったインドネシアの素敵なところ~インドネシア紹介編①

みなさんこんにちは。 RGFインドネシア 学生インターンのKarlieです。 突然ですが、皆さんはインドネシアと聞いて、なにを思い浮かべますか?  豊かな自然、急速に発展する経済、熱帯ならではの暑さ… 日本で暮らしていると、日常生活でインドネシアに触れる機会ってなかなかないですよね。   でも、インドネシアを知らないなんて、もったいない!   インドネシアって、本当に本当に魅力的な国なんです。 インドネシア滞在歴約1年の私Karlieが、インドネシアの魅力を インドネシア現地レポートを通じてお伝えしてまいります!   【そもそも、インドネシアってどこにあるの?どんな国なの?】   ※Wikipediaより画像抜粋   <インドネシア共和国>           ・人口 2.6億人(世界第4位!2016年現在) ・日本から飛行機で約7時間              ・公用語 インドネシア語 ・熱帯に属し、1年を通して温暖な気候 ・島の数13466。日本だとバリ島が有名ですね。    若年人口が多く(平均年齢29歳)、今後ますますの経済発展が期待される国です。  観光、経済、資源、物流、歴史等、様々な面において日本と深い関わりがあります。                                                                                                                        インドネシアの国土は、とても広大です。 どれくらい広いかというと… 日本からインドネシアの首都・ジャカルタまでの距離と、 インドネシアの西端から東端までの距離(横幅)はほぼ同じ! (赤道越えます、ジャカルタは南半球です!) その距離、およそ5000kmあります。 北海道~沖縄本島が約2500kmですので、インドネシアがどれほど東西に長いか分かると思います。   そしてさらに、インドネシアの横幅は、   アメリカ合衆国48州の横幅よりも長いんです!!   実際に、日本・インドネシア・アメリカ合衆国の3か国の横幅を比較してみました。 いかがですか?インドネシア、とっても広いですよね!! ※The True Size of…より     さらに、東西に長いインドネシアには、タイムゾーンが3つあります。 これは、オーストラリアと同じです。 西から、 〈http://www.travel-zentech.jp/〉 日本時間からー2時間の西部時間(スマトラ島、ジャワ島など)、 日本時間からー1時間の中部時間(バリ島、スラウェシ島など)、 日本時間と同じ東部時間(パプアなど) です。     ジャカルタに行って、バリに行って…とタイムゾーンを越える移動がある旅行をされるときは、 時差の計算にご注意ください!     インドネシアはとっても広いということ、実感していただけましたでしょうか? 広大な面積を誇るインドネシアは、その広さ故に地域によって文化や話される言葉が大きく異なります。   5つの宗教、300の民族、500の言葉があると言われ、   多様な人々が一つの国で一つの言葉を公用語として生活しているのが、インドネシアという国です。 一つの国であるのに、文化も言葉も様々な国インドネシア。 インドネシアで生活していると、文化や考え方の多様さから、日本で正しいとされることが 必ずしも世界で正しいとは限らないと気づかされます。 自分の世界を、もっと大きく、もっと広く、もっと深くしたい方、是非インドネシアに来てみませんか? その国の良さというのは実際に訪れてみないと分からないものです。 私も3年前に旅行で訪れてからインドネシアの虜になり、インドネシアへの留学を決意しました。 日本から7時間で行けるインドネシア、まずは旅行に訪れてみてください! 魅了されること、間違いなしです!       今後も、インドネシア現地レポートを通してインドネシアの魅力をお伝えしてまいります😊 お楽しみに!   インドネシアについてもっと知りたい方は、以下のサイトもぜひご一読ください。 〈外務省: インドネシアという国 – Ministry of Foreign Affairs of Japan〉 https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol76/index.html

インドの記事一覧 インド 

【急募!】リクルートグループで新しいキャリアに挑戦しませんか?~海外人材コンサルタント~

こんにちは、RGFインドです。 今回は弊社RGF Select Indiaでの募集ポジションについてご紹介したいと思います。   成長市場のインドで海外人材コンサルタントとして働いてみませんか? 少しでも興味がある方は、ぜひご覧ください!   ◆RGF Select India(リクルート インド現地法人)について◆   弊社は、日本屈指の人材総合サービスRECRUITのインド法人です。 RGFは人材紹介業務において、グループ全体で11カ国、27拠点の規模、 日系企業様向けの人材業務においては既にアジア最大級のシェアを誇ります。 国境を越えて個人の可能性を拡大し、企業の力になることを目指しています。   インドでは主に、日本人現地採用のご紹介ならびにインド人スタッフのご紹介を行っています。   【オフィスの様子】 グルガオンのオフィスの中は約50人程の社員が就業しています。 日系企業向けビジネスチーム、外資系向けビジネスチームなどがあり、 多くの社員が目標に向かって切磋琢磨できる環境です。   Japan Desk(日系企業向けデスク)には約20名の社員がいます。 社内はオープンな雰囲気で、メンバー同士のコミュニケーションも活発です。 女性社員が7割強と多く、私生活で困った時も助けてくれる優しい社員が多いです。   【立地環境】 オフィスはインド国際空港から、車で約30分ほどの日系企業が集まるグルガオンのメイン通りにあります。 周りにはショッピングモール・映画館・メトロ・日本食レストランなど、インドの中でも生活のしやすい環境にあります。   みなさんが普段イメージされているインドは少々不衛生かな印象もしれませんが、 オフィス周辺はとても整っていてあまり不便がない生活が送れるかと思います。 (オフィスの窓から見える、グルガオンのメインストリートです。スタバ、マック、うどん屋(この頃できたばかり!)などが徒歩圏内です。)   【メンバーのご紹介】 現在日系企業向けの採用を担当している「Japan Desk」チームには、日本人5名・インド人12名が在籍しています。 社員は皆20代から30代前半で若手が活躍しています。   ◆お任せしたい業務内容◆   インドの人材市場で日系企業の中途採用や求職者の転職を支援するコンサルティング業務を行って頂きます。 主な業務は下記1~3です。いずれの業務にも関わっていただく可能性がございますが、 あなたのご関心や適性をベースに、お任せする業務を決定していきます。   1.リクルーティングアドバイザー(RA)業務 インド全土の中で担当エリアを決定し、既存のお客様(約100社程度を担当)の採用ニーズヒアリング、採用戦略・人材提案、 求人票作成、面接設定、フォローなど決定までのすべてをサポートして頂きます。   2.顧客開拓・深耕(Business Development)業務 テレアポなどを行い、新規のお客様からの事業計画や人材計画をヒアリングし、さらなるニーズの掘り出しを行って頂きます。 お客様の担当者は日本人の方が多くアポイントもとりやすいので、初心者でも挑戦しやすい環境です。   3.キャリアアドバイザー(CA)業務 求職者に寄り添い、主に日本人のインド就職サポートを行っていただきます。 日本在住の方とはスカイプ、インド在住の方とは直接面談し、求人紹介から内定後のサポートまでして頂きます。   インド人スタッフとも協力して働いてもらいますので、毎日オフィスで英語を話す環境もございます。   ◆応募条件・諸条件など◆   【対象となる方】 ・社会人経験1年以上 ・海外で働くことに熱意をお持ちの方 ・英語力日常会話レベル以上 ※インドの就労ビザは、職歴経験などは不問ですので誰でもほぼ取得可能です。 ※女性の方からのご応募、大歓迎です!!   【成長を後押しする制度】 ・異地勤務制度…アジア各国から定期的にRGF内で人材募集をする制度。 インドで数年勤務してからタイ、ベトナム、シンガポールなど東南アジアの他ブランチへ異動する可能性もあるかも?! ※入社1年後より対象、年2回実施 ・人材育成制度…キャリア面談、拠点異動、職種変更等 【勤務地】 インド/グルガオン(首都デリーからメトロで1時間、車で30分) ご本人の適性に応じて、南インドエリアなどを担当していただくことも可能です!   【勤務時間】 9:30~18:30(実働8時間) 週休2日制(土日)※出張や緊急対応の場合の休日出勤もありますが、代休取得可能です。 祝日、有給、年休110日以上 ※日本やインドの祝日に合わせて日本へ帰国したり、近隣諸国などに旅行したりすることも可能です。   【給与】 月給140,000INR+インセンティブ 1INR=約1.7円/2018年1月 ※インドでは問題なく生活できるレベルの給与水準です。   【待遇・福利厚生】 赴任時の航空券、FRRO(外国人登録)費用負担、VISA取得費用負担、食糧補助 昇給年1回、業績賞与年数回、現地の医療保険への加入、社用車有(共用)   弊社社内の雰囲気や、現地での生活に関しては、弊社ブログをご覧ください。 https://www.rgf-hragent.asia/blog/india/2832/   最後までお読みいただき、ありがとうございます! もし弊社でのコンサルタント募集にご興味をお持ちいただけましたら、 以下までお気軽にご連絡くださいませ! rgf-jp@rgf-hragent.asia 採用担当:岡安

インドの記事一覧 インド 

【インド】海パン一枚・足ひれ二枚・海鮮三昧 ‐どんだけDetox- アンダマン・ニコバルリゾートの旅

ついにやってまいりました、、、みなさんお待ちかねであろう、じろぉによる第2弾インド探検ブログ! 記念すべき第1弾をご覧になっていない方は、まずは第1弾【インドで牛肉は食べられない? ~ 楽園ゴア潜入調査の旅~https://www.rgf-hragent.asia/blog/india/370/】からご覧くださった方がいろいろと免疫がつきます。   尚、最初に注意しておきますが非常に長いブログとなっておりますので、お気を付けください。   じろぉ担当ブログのテーマは、インドに対する3K「きたない・くさい・きつい」印象に革命を起こすということです。 今回は以前日本で流行った『デトックス』に注目しました。   さらに強力となりました第2弾!取材先は、インド最強リゾート地『アンダマン・ニコバル』からご案内致します。 インドで働くとこんな良い場所で☆気軽に☆デトックス☆することができますよぉ~。   それでは、、、、Chalo !!!   【概略 ~アンダマン・ニコバル諸島~】     赤い部分がアンダマン・ニコバル諸島エリアとなります。 ここってインドなのかと・・・はい、はい、、はい、、、インドです。。。笑 みなさんご存じ?世界で訪れるのが一番困難な場所、原住民狩猟民族の島『北センチネル島』もこのエリアにあります。 漂流してしまい殺された人が何人もいるとか・・・。 ただ我々が行くアンダマン島は狩猟民族の島からは”50kmほど”離れているのでご安心ください!!   僕の認識では、インド国外からの直行便はないのか・・・正直わかりません。 デリーから飛びましたが、行きはコルカタ経由、帰りはチェンナイ経由、ともに5時間のそれはもう長い長い長い飛行でした。 (これならプーケット行った方がいいのではないかというロジックは、永遠に置いておきましょう。)   前回のゴアに関するブログでは歴史的な背景のお話しも書きましたが、アンダマン・ニコバルに関しては全く分かりません。 でもどうやら、日本兵が第二次世界大戦中に来て、インドの独立運動をアンダマンから支援した?いや、本当のところはよくわかりません。 ただ、アンダマンの方々は日本人のことたぶん好きだと思います。(勝手な思い込み) なので、騙されることなく?海・空・大地・食すべてを感じ、どんだけデトックス状態になってしまうというわけです。   長くなりました。概略を書こうと思いましたが、結果的に概略になりませんでしたね。 ストーリー編へいきましょう。僕の3泊5日のアンダマン・ニコバル探検を、、、丸裸にしちゃいましょう!!いざニコバル!!! ※どこからどこがアンダマンで、どこからどこがニコバルか知りません。ニコバルってなんでしょう。   【ストーリー編 ~概要~】     残念ではございますが、アンダマンのすべてはお伝えできません。 今回は、アンダマン諸島の中心地Port BlairとPort Blairからフェリーで約2時間離れたリゾート地Havelock Islandをお伝えします。   <簡易スケジュール 2018年3月2日~5日> 1日目:Delhi→Andaman Port Blair→Havelock Stay 2日目:Havelock Stay 3日目:Havelock→Port Blair Stay 4日目:Port Blair→Delhi   【ストーリー編 ~1日目~】   飛行機の時間が朝5時でした。朝が苦手なじろぉです。 本当に本当に仕方なく、、2時まで勢い良く前哨戦飲みをして、デリー空港に向かいました。   コルカタを経由し(経由地飛行機乗ったまま、乗換無し)、   さぁさぁ、見えてきました!!!   アンダマン到着!!!   青い空!!!空気!!臭くない。きれい!!きつくない。   到着ゲート、僕はインドで就業しているので、スルーっとイミグレーションゲートを通過しようとしたら・・・   イ:「ちょっと待って、ちょっと待ってお兄さん!」状態のインド人審査員。   やべぇ・・・パスポート・・・持ってきていない。。。   もちろんそんなこともなく、事前に調べてパスポートだけは持ってきていたので、スタンプを頂いちゃいましたー!! なんでスタンプが必要なのかはいまもわかりません。   やばいぞやばいぞー!!Havelockに向かうフェリーに遅れるー!! 空港出口にてCabを拾い、300INR(約500円)でフェリー乗り場へ!!     フェリー乗り場のゲートに到着。 乗り場の中をうろうろ。。。   んー、よくわからない。まだ時間があるよう。待機しよう。 みんなフェリーを待っているようだ。 木陰でゆっくり座ることにしよう。。。   ついにやってきた!!出発の時間。。 あれ、なんかドイツ人の客が揉めている。。。 どうやら事前にフェリーのチケットを予約していなかったようだ。。。 じろぉはもちろん事前準備が上手な人間である。予約していた。Royalクラスを 予約サイト:https://trip.experienceandamans.com/all-ferry.html   さぁて、乗船だ!!!     なんだってー!!!! こんなわけあるかー!!!!!動くのか、この船。。大丈夫か。。。涙     ま、こんな船に乗ることはもちろんございません。 僕は下の船に乗りました。     他にもいろいろなフェリーがあります。…

インドの記事一覧 インド 

【インド】インド就職・インド転職の全て【現地レポートまとめ】

नमस्ते(ナマステ)、RGFIndiaインターンの田村です。   弊社のインド現地レポートも始まってから約1年が経ち、 「海外転職」「インド就職」「インドの生活」について様々な角度の記事が蓄積されてきました。 そこで、これまでの記事の振り返りをして「インド転職」について主観も交えながらまとめたいと思います。   【海外転職・インド就職】 ■海外就職・海外転職   インド転職の前に 〜海外で働くということ〜 ベテラン社員に聞く ~海外営業の極意 in INDIA~   「海外で働いてみたい」という考えが頭によぎる方も多いはず。 「海外で働きたい」と思った時にはまずこちらを読んでみてください。   「現在の自分と海外就職後の自分と海外転職から数年経った後の自分を1本の軸で描く」 ということは一つの判断軸・心得になるのではないかと共感しました。 またインド就業歴10年以上の方からの仕事へのアドバイスはもちろん、キャリア選択のメッセージも大変参考になります。 ■インドの基本情報とインド転職の魅力   インドってどんな国?インドの最新基本情報 インド就職が注目される5つのキーワードとは? ~インド就職・生活の基礎のキ~ インド就労ビザの取得プロセスについて   「海外就職」を考えた時にまず思い浮かぶのが「アメリカ」といった英語圏の先進国。 最近だと「タイ」「シンガポール」といったアセアン諸国を挙げる方も増えてきたかもしれません。   そんな中なかなか一番初めに上がらないのが「インド」。 日本では「汚い」「危ない」といったイメージもしくは「成長市場」といった言葉で語られるインドですが、 「なぜインドなのか」、給料を始めとする「インド就職」の第一歩を現実的に見ることが出来ます。   「海外で働いてみたい」というふわっとした想いは少なからず持ちつつも、 「駐在」「現地採用」なのかはたまた「起業」なのか、 企業は「日系」「外資系」「現地系」なのか、 また自分の英語力が「日常レベル」「ビジネスレベル」どちらか 仕事のスキルは「ジュニア」「シニア」なのか、業種や業界はと判断軸が沢山あることに気づきました。 ■インドの都市   【北インド】 ①インド就業のイメージが持てない方へ ーインドのエリア紹介ー 【デリー/グルガオン編】 ②「Make in India」を体感できる!? 日系企業の工業団地ニムラナを紹介! ③街中がピンク一色?インド旅行って実際危ないの? ~魅惑のジャイプール一人旅~ ④【インドに春が来た✿】3大ホーリープレイス~プシュカル~を紹介 ⑤一度は行きたい秘境、レーラダック!~インドでチベット仏教の世界を満喫~   【南インド】 ①インドの金融都市ムンバイってどんなところ? ビジネスや文化の発祥地として魅力がたくさん!! ②インドで牛肉は食べられない? ~ 楽園ゴア潜入調査の旅~ ③【インドのシリコンバレー】日本人に一番人気!!バンガロールの魅力を紹介! ④【南インドの玄関口】港町チェンナイの魅力を紹介!   「インドで働く」といってもインドは地域によって気候・人・文化・業種も本当に様々です。 また働き始めてから出張でインド国内を行き来することや、休日に旅行でインド国内を回る機会も数多くあります。 インドで働く場所のイメージをより具体的に持ってみてください。 【インドで働く日本人の声】 ■「インドは女性にとって危険なのか」問題 そうはいっても日本にいる時の「インド」のイメージはあまり良くない物も多く 特に女性は「危ない」というイメージが強いですよね。   一方で現地採用や駐在としてインドで働く女性が増えてきているのも事実です。 実際のところはどうなのかをまとめた記事です。   海外就業・生活の本音~インドのとある女子会にて・前篇~ 海外就業・生活の本音~インドのとある女子会にて・後篇~ 【夜って本当に危険なの?】インドで働く女性の就業後~飲み会・ヨガ・サークル・ショッピング~ ■インドで働く方へのインタビュー記事まとめ インドで既に働いているモデルケースとしてのインタビュー記事です。 仕事内容はもちろん、インドへの意思決定の理由や想い・生活面のことがまとまっています。   #女性 #スタートアップ #メディア #ボリウッド 「日本とインドをエンターテイメントでつなげたい」JCNETコミュニケーションズ 金田彩花氏 王夢華氏   #女性 #現地採用 #総務 #ゼネコン 「やらないで後悔をするよりは、やって後悔をした方がいい」インドの大手ゼネコンで働く女性、宮西さんにインタビュー   #女性 #現地採用 #マーケティング #メーカー 【インド×女性】20代後半で転職し、日本からインドへ。CASIO Indiaで働く女性社員に聞く「インド就業のリアル」【現地採用】   #女性 #起業 #農業 インドで起業!オーガニック野菜のデリバリーを行う「HASORA」で働く女性にインタビュー【インターン募集有】   #女性 #起業 #農業 #結婚 【インドの食】インドでオーガニックの日本野菜とお惣菜を作るアナンド信江さんにインタビュー  …

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します