インドの物価と平均月収

経済成長が著しいインドでは、年々物価が上昇しています。

都市部と郊外では、物価に大きく差があり、特に都市部での物価上昇が激しいです。

それでも、輸入品などを除けば、日本と比べると物価は安いと言えます。

なお、現地では「日本食」は、高級なイメージがあるため、日本食レストランや食材は高めに値段が設定されています。


具体的なイメージを持ってもらうため、具体的な例を下記に挙げましたのでご参照ください。

 (下記は都市圏内の物価です。郊外と大きく異なります) 


■食事 

ハンバーガーセット 約150~200 /INR(インディアンルピー) 

カレー       約 50~200 / INR 

日本食レストラン  約 1000 / INR 


■ホテル

格安ホテル   100~500 / INR   ※シャワーはお湯がでないケースもある。

中級ホテル   1000~5000 / INR ※基本的なアメニティがしっかりある。

高級ホテル   8000~10000 / INR ※世界的なブランドホテルなどが含まれる。 


■交通 

メトロ    20~50/ INR 

タクシー   80/ INR(初乗り運賃:4km、その後、1キロごと10/ INR ) 

三輪タクシー 約15INR /km (乗車前に運賃交渉が必要)

※三輪タクシー(オート・リキシャー) 

インドでは短~中距離の移動に便利で、現地の人が最も利用している交通手段の一つです。



□給与水準

日本人がインドで就労する際には、就労ビザを取得する必要があります。

現在、最低年収がUSD25,000 以上という規定があるため、日本人がインドで働く場合は、これ以上が必要になります。


企業や経験によって、多少の差はありますが、

年齢が20代~30代前半の場合には、月額 135,000INR~が一般的です。(日本円で 20 万円前後)



※上記の記事は、取材時点(2017年02月末)の情報を元に作成しております。

現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい.


求人探しにお困りですか?現地をよく知る専門コンサルタントが日本語であなたをサポート。リクルートグループならではの海外就職トップクラスの豊富な求人からご紹介。初めての海外就職のわからないこと、何でもご相談を承ります!コンサルタントに相談する 無料
求人探しにお困りですか?現地をよく知る専門コンサルタントが日本語であなたをサポート。リクルートグループならではの海外就職トップクラスの豊富な求人からご紹介。初めての海外就職のわからないこと、何でもご相談を承ります!コンサルタントに相談する 無料

アジア海外転職 成功の秘訣