RGF HRAgent

香港の記事一覧 香港 

香港で住むならどこに住む?【エリア紹介編】

香港の住宅事情、日本人が住みやすいエリア、一人暮らし向けの部屋など

香港の家探しに必要な情報を実例と写真を交えて紹介します!!


香港の家は、高くて、狭くて、アレがない?

世界一不動産価格が高い香港。

お店の賃料、家賃もかなり高額です・・・。

 

香港は土地開発出来る地域が限られているため、

狭い土地を有効に使った、日本では考えられない様な細長ーい建物が密集しています。

100階建て以上の建物がズラーーーーーーっと並ぶ風景は圧巻です!

香港の高層マンション群

下から見上げた香港の高層マンション

また、少しでも部屋を広く使うため、

日本ではあって当たり前のモノがない場合があります。


それは・・・

 ・洗濯機

 ・キッチン

 ・玄関(土間:ドアを開けてすぐの靴を脱ぐ場所)

 ・靴箱        などなど

 

特に一人暮らし向けの物件では、生活に最小限のモノしかない場合が多いです。


また、文化や気候の違いからか、「バスタブ」「暖房」がない場合も。

暖房は、リモコンに表示があっても使えないことが多いのでご注意を!

(でも、香港って、冬は意外と寒くなるんですよねー。使えない暖房ボタンを何回押したことか。)


意外と色々ある 魅力的な香港のエリア

香港での家探しを始める前に、把握しておきたいのは、各エリアの位置関係と特徴

これを頭に入れておくと、家探しもスムーズです!


香港のエリアは大きく分けて4つ

 ・香港島(Hong Kong Island

 ・九龍(Kowloon

 ・新界(New Territories

 ・離島


では、各エリアを見ていきましょう!

移動に便利なMTRの駅と一緒にご紹介します。


<香港島(
Hong Kong Island)>

香港島は、東シナ海に位置する香港で2番目に大きな島


世界的な金融街、ビジネス街である「中環(
Central)」「金鐘(Admiralty)」、

香港の行政機関が集まる「湾仔(WanChai)」、

世界一高額な賃料で有名な「銅鑼湾(CausewayBay)」があります。


香港を象徴する摩天楼を作り出す、ビジネスと政治の中心地があるエリア
です。


しかし、そんな摩天楼から
MTR30分移動するだけで、

自然溢れる風景にも出会え、トレッキングが楽しめるエリアでもあります。

<九龍(Kowloon)>

中国大陸と繋がる九龍半島香港島に近い部分を指します。


夜景を見るのに最適なヴィクトリアハーバー、

香港を代表するペニンシュラホテルがある「尖沙咀(Tsim Sha Tsui)」、

道路に迫り出すネオン看板や、女人街、金魚街がある「佐敦(Jordan)」「油麻地(Yau Ma Tei)」「旺角(Mong Kok)」。


香港を代表する観光地が連なり、香港の若者にも人気のエリア
です


ちなみに。


九龍を「クーロン」と呼びますが、実はこれは日本だけ!


広東語でも英語でも中国語(普通話)でもありません。


なので、「クーロン」だと、現地では通じません・・・。

(誰が作った呼び名なの・・・?)

香港では「ガウロン」(広東語)「カオルーン」(英語)と呼びましょう!

<新界(New Territories)>

中国大陸と繋がる九龍半島の根元中国と境界を接するエリア


香港人のベッドタウン
。自然が多く残り、森林浴が出来る程、緑が溢れる


寝るときは静かな環境が良い!狭い家はもう嫌だ!という人にもオススメ。


香港島や九龍に比べて、土地が広く安くなるため、家も広く、家賃も比較的安い

ここに一軒家を持つのが、香港人の夢との声も。


MTR
は2本走っており、それ以外のエリアには、バスやミニバスで移動する。


中国の深センと接しており、電車1本で深センまで行くことが出来る。

そのため、深セン勤務の駐在員の中には、香港に住むケースも増えています。

<離島>

あまり知られていませんが、香港には数多くの離島があります。


離島というと、週末や休日に行くリゾートのイメージがありますが、

香港であれば、オフィスまで30分ほどで行ける島もあり、十分に通勤圏内となります!


離島での生活は、仕事とプライベートを分けたい欧米人に、特に人気です。

朝サーフィンをしてから出勤する人もいるとか。


香港の喧騒からは想像も出来ない、のんびりとした穏やかな空気が離島にはあります。


ただし、台風や暴風雨が多い香港。

フェリーの欠航などには、注意が必要です。

 


日本人が多く住んでいる場所は?

香港に住む日本人は約2万7000人

201510月時点 外務省在海外邦人数調査統計)


生活や通勤の利便性から、日本人が多く住む場所が、香港にはいくつかあります。

各エリアごとに、MTRの駅ベースでご紹介します。


<香港島(
Hong Kong Island)>

太古(Tai Koo

西湾河(Sai Wan Ho

ハッピーバレーにある香港日本人学校へのアクセスも良く、

中環や金鐘へのアクセスも良いため、日本人が多く住む。

大型の日系スーパーもあるため、買い物も便利。

少し前までは、太古に住む日本人が多かったが、近年は隣駅の西湾河に住む日本人が増えている。


<九龍(
Kowloon)>

紅磡(Hung Hom

尖沙咀のすぐ近く、どこへ行くにもアクセスが良くて便利。

深センまで電車で1本で行けることが、深セン出張の多い駐在員に人気。

大きな船の形をした日系スーパーがあり、日々の買い出しにも。

日本人が多く住むため、日本食レストランも多い。


<新界(
New Territories)>

火炭(Fo Tan

沙田(Sha Tin

タイポーにある香港日本人学校へも近く、

日系スーパーやIKEAがあり、買い物にも便利な場所。

香港島へも1時間程で行け、

深センにも近く、自然が多いことなどが人気の理由。

 


まとめ

日本人が多いエリアは、やっぱり住みやすく便利です。

しかし、家族で住むケースが多いので、大きめな物件が多いのも事実。


日本人学校へのアクセスの良さが人気のポイントになるのも、

家族連れの人が多いことを表しています。


一人暮らしであれば、日本人が多いエリアに縛られず、選択肢はもっと広がります!


それに、日本人が少ない地域の方が、外国に住んでる感を感じることが出来ます!笑


是非色んなエリアを見て、お気に入りの場所を探して見て下さい。


ちょっと長くなってしまったので、続きはまた次回。

次回は、香港での一人暮らしの実例を交えて、間取りや家賃をご紹介します!


■出典

・外務省 海外在留邦人数調査統計 

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000043.html


上記の記事は、取材時点(201704月末)の情報を元に作成しております。

現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。

sayuri

sayuri

文系大学卒業後、
4年間のSE生活を経て、海外へ。
香港から上海へ移り、現在海外生活3年目。
リアルな海外生活の魅力をお伝えします。

香港の記事一覧 香港 

香港の定番ごはんをローカル目線でご紹介!

「食は広東にあり」と言われる程、食文化が発達している香港。 国際都市なので、広東料理だけでなく、世界中の料理が食べられます。 今回は、その中でも香港の定番ごはんを在住経験者ならではのローカルな目線でご紹介します。 &nb…

香港の記事一覧 香港 

香港に住むなら要チェック!!様々な気象警報。

台風の通り道である香港。 台風シーズンになると「シグナル」と呼ばれる気象警報の話題になる事もしばしば。 シグナルによっては、学校や会社、交通機関が休みになるのでチェックが欠かせません。   今回は、台風だけでな…

香港の記事一覧 香港 

香港の気候と季節 香港にも春夏秋冬がある!

  台湾よりも南にあり、暑い熱帯地域のイメージがある香港。 意外にも、冬には思いのほか寒くなります。 そんな香港の季節について、住んで気付いたポイントを交えながらご紹介します。 統計データからみる香港の気候 &…

香港の記事一覧 香港 

香港で住むならどこに住む?【一人暮らしの実例編】

香港での家探し、どんな家に住んでいるのか、家賃はいくらか?など、 香港のリアルな住宅事情を写真とともに紹介します! 前回は、香港の住宅事情や各エリアの紹介など、 香港での家探しに必要な基礎知識をご紹介しました。 &nbs…

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します