RGF HRAgent

タイの記事一覧 タイ 

タイに進出する日系企業が増加中!!タイと日本は相思相愛??

海外事業展開先として有望なタイ。
日系企業の進出状況、タイ人から見た日本人や日系企業に対するイメージをご紹介します。


海外事業を拡大させたい国として、常に人気が高いタイ。

JETROが行なった「2016年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」によると、
現在の海外事業進出先としても、今後、海外事業の拡大を図りたい国としても、
日系企業からタイの人気が非常に高いことが分かります。

 

 

現在、海外に拠点を持つ企業 1,571 社の拠点所在地は、
中国が 56.2%(883 社)で1位として最も多く、
2位はタイ 35.2%(553 社)、3位が米国 30.0%(471 社)と続いています。
(同一国に複数の販売拠点があったとしても拠点数は1つとカウント。)

 

 

「今後さらに海外進出の拡大を図る」企業については、
2011年より、タイは常に2位を獲得しており、
何年にもわたり、海外事業の拡大を図りたい国として 人気が高いことが分かります。

 

 

また、タイで拡大を図りたい機能は多種にわたり、
「販売」「生産」「研究開発」「地域統括」「物流」、全ての分野で上位を獲得しています。


こんなに増えている!タイへの日系企業の進出数。

JETROが行なった「タイ日系企業進出動向調査 2014 年」によると、
タイ商務省事業開発局が管理する企業データベースに登録されている日系企業は、8,890 社。

 

 

そのうち、今回の調査で活動が確認できた日系企業数は 4,567 社
2008年に実施された前回の調査では、活動が確認されたのは、3,884社。
前回に比べ 683 社増加していることが分かりました。

 

 

(ちなみに、
タイ商務省事業開発局が管理する企業データベースに登録された日系企業数を比較すると、
6年前6,773社から約2100社増加している。)


タイに進出する日系企業。その内訳は?

業種別の構成比をみると、
「製造業」が全体の 47.0%、「サービス業」が 49.5%を占めています。

 

 

1990年代までは、製造業の進出がサービス業を上回っていましたが、
直近の 2010-2014年では、製造業の進出数が 334 社に対し、
サービス業での進出数は 530 社となり、
サービス業の進出が顕著になっていることが分かります。

 

 

サービス業の中でも、
「卸小売、小売業」1,082 社、「専門サービス業」196 社、「運輸業・郵便業」176社の順に多くなっており、

直近の 2010-2014 年では、
「専門サービス業」(53 社 コンサルタント、会計・法律事務所、職業紹介など)、
「飲食店」(35 社)、「運輸業・郵便業」(33 社)と、増加しています。

 

 

進出が増えているサービス業。
その業務形態も多種にわたることが分かります。


タイ人から見た日本人と日系企業ってどんなイメージ

以前の記事でも紹介した通り、タイは親日国で、今日本ブームが起きています。

(以前の記事はこちらをCheck → 知っているようで知らない タイの今【2017】

 

 

そのブームは、
日本のアニメや漫画など文化面や旅行先としての人気だけでなく、
日本語学習者の増加や、タイ人の日本・日系企業への就労希望者の増加にまで及んでいます。

 

 

インターンシップへの参加も意欲的で、1名の募集枠に対して、何十倍もの応募があったことも。

タイの名門校 タマサート大学が行なった調査によると、

タイ人から見た日本人は、
「真面目」「几帳面」「礼儀正しい」「忍耐強い」「知的」「行動的」などのイメージがあるほどです。

 

また、「仕事に関する視点」については、
タイ人と日本人では、次のような違いがあると分かりました。

 

・「個人的な人間関係」と「規則・秩序」では、
 タイ人は「規則・秩序」重きを置いているが、日本人は「個人的な人間関係」に重きを置いている。

 

・タイ人は、仕事で時間に縛られることは、大変なストレスと感じているが、
 日本人は、タイ人ほどストレスを感じていない。

 

・タイ人は、仕事上、自分がやると決断したことに、反対者がいると、
 あまり成功のために最善を尽くしたいと、思わなくなるが、

 日本人は、反対者がいても最善を尽くしたいと思う。

 

・タイ人は個人よりグループで一緒に仕事をすることを好む。

 

これらの結果は、日本人の仕事観とタイ人の仕事観の違いを、端的に表している結果だなと感じます(笑)

 

「タイ人は子供っぽいところがある。」という声を聞いたことがありますが、

「みんなで作業することを好み、誰かに反対されるとやる気を失くしてしまう。」
そんなところに、良くも悪くも、子供のような純粋さ・無邪気さを感じるのかもしれません。


まとめ

外国によるタイ内直接投資額(2014年)は、日本が35%とトップです。

 

日本のタイへの直接投資額は、2位のシンガポールの2倍以上となっており、
タイ経済に占める日本の割合が大きいことが分かります。

 

また、政治混乱や2011年の大洪水被害による操業停止などの、
マイナス要因があったにも関わらず、日本のタイへの投資額は増加の傾向にあり、
日本企業にとって、タイが投資先として根強い人気であることを表しています。

 

日本企業に海外ビジネスの課題を尋ねたところ、
「海外ビジネスを担う人材」(55.3%)と回答した企業の割合が最も多い結果となりました。
(JETRO「2016年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」)

 

海外ビジネスを担う人材として、
現地のことをよく知り、日本語を話せる人材は、日系企業にとって大変貴重な人材です。

 

日系企業に就職したいタイ人と、日本語を話せるタイ人を雇用したい日系企業は、
相思相愛の関係と言えるでしょう!


出典

・JETRO「タイ日系企業進出動向調査 2014 年」
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2015/01/fe4bde99ff9eb75e.html
・JETRO「2016年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2017/01/5b57525465154f73.html
・日本総研 タイに集積する日本企業
https://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/researchfocus/pdf/8613.pdf
・タイ人と日本人 互いのものの考え方の比較 タマサート大学
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/assets/files/120120.pdf


免責文言
※上記の記事は、取材時点(2017年04月末)の情報を元に作成しております。
現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。

sayuri

文系大学卒業後、
4年間のSE生活を経て、海外へ。
香港から上海へ移り、現在海外生活3年目。
リアルな海外生活の魅力をお伝えします。

タイの記事一覧 タイ 

【自社採用】タイで一緒に働く仲間を募集中!

現在、RGF Thailandでは更なる事業成長のため 「キャリアアドバイザー」として働いていただける方を募集しています!   ☑ 海外転職をご検討中の方 ☑ タイで働きたい方 ☑ 人材業界に興味がある方 &n…

タイの記事一覧 タイ 

タイで何食べる?ありすぎて迷っちゃうバンコクのごはん事情。

タイでの生活。 「もしかして、毎日タイ料理??好きだけど、続かないかも。」 そんな不安が頭をよぎるかもしれません。   しかし、マイペンライ。 国際都市バンコクには、世界中の食べ物が集まっています! もちろん、…

タイの記事一覧 タイ 

海外で働きたい?タイにはチャンスがいっぱい!

近年、アジア各国では就労ビザの発給要件が厳しくなっています。   そんな中、タイは他の国に比べ、就労許可が比較的おりやすく、 海外で働きたい!と考えている人には、おすすめの国です。   今回は、タイで…

タイの記事一覧 タイ 

タイに進出する日系企業が増加中!!タイと日本は相思相愛??

海外事業展開先として有望なタイ。 日系企業の進出状況、タイ人から見た日本人や日系企業に対するイメージをご紹介します。 海外事業を拡大させたい国として、常に人気が高いタイ。 JETROが行なった「2016年度日本企業の海外…

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します