RGF HRAgent

シンガポールの記事一覧 シンガポール 

シンガポールってどんな国?気になる最新基本情報

 

マリーナ・ベイ・サンズ、親子留学、ポイ捨てしたら罰金などなど・・・

 

今回は、知っているようで知らない国 【シンガポール】 について、

最新の基本情報をご紹介したいと思います。


シンガポールの最新基本情報について

シンガポールは、マレーシアの先 マレー半島の南端に、

ジョホール海峡を隔てて接する島国の都市国家です。

 

国土は、シンガポール島と約50の小島で構成され、

マレーシアの首都クアラルンプール、タイの首都バンコクへと陸路でも繋がります。

 

1819年イギリスの東インド会社の支配下で、アジアにおける中継貿易地として発展しました。


シンガポールの首都はシンガポール?

シンガポールの国土は、約719平方キロメートルで、

東京23区の626.7km2をやや上回る程度の大きさです。

 

そのため、シンガポール共和国全体がそのまま首都となり、

首都名は、シンガポールとなります。

 

じつは、「シンガポール」という名前の都市があるわけではありません。

日本の首都の「東京」と同じような感覚といえるでしょう。


世界中のヒト・モノ・カネ・情報が集結

シンガポールは、香港に並び、欧米諸国、日本をはじめ、

世界各国の企業のアジア太平洋地域の地域統括拠点が置かれます。

 

この背景には、

・東南アジア各国へのアクセスの良さ

・公用語が英語

・ビジネスがしやすい国ランキングで常に上位

・低い法人税

など、ビジネス視点からの魅力が挙げられます。

 

世界銀行の発表した最新の「ビジネスのしやすさランキング2016」では2位を獲得。

1位の座は奪われましたが、スコアは前年に比べてアップしています。

 

今後も、ビジネスのしやすい国として、

世界中から多くの企業が進出すると考えられます。


気軽に隣国へ 週末リゾートの魅力

タイのサムイ島やプーケット、インドネシアのバリ島、

マレーシアのランカウイ島などフィリピンのボラカイ島・・・など、

東南アジアには多くのリゾート地が密集しています。

 

日本からでは、フライトだけで7~8時間かかってしまったり、

直行便が出ておらずトランジットが必要だったり、と、

なかなか気軽にリゾート地へは行きづらいのが現実です。

 

しかし!シンガポールのチャンギ空港からであれば、

これらのリゾート地へ、たった数時間で行けてしまいます!

 

そのため、週末のちょっとした休みであっても、

多くの人が、東南アジア各地へ週末リゾートを楽しみます。

 

また、2012年にマレーシアにオープンした「ジョホール・プレミム・アウトレット」への

日帰りショッピングバスツアーも人気です。


まとめ

現在、日本との間に政治的な懸念事項はなく、

両国関係は良好で、広範囲な分野で交流が行われています。

要人の往来も活発なため、二国間の交流は、さらに発展することでしょう。

 

東南アジア各国へのアクセスの良さ、整備されたインフラ、ビジネスのしやすさ、

また、英語だけでなく、中国語を含めた語学堪能な人材は、シンガポールの大きな強みといえます。

 

これからも日本をはじめ、

世界各地からシンガポールが重要視されることは、間違いありません。

 

皆さんも是非、東南アジアの要となる【シンガポール】に触れてみて下さい!


出典

・外務省サイト シンガポール基礎データ

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/singapore/data.html

・世界銀行 ビジネス環境の現状2017

http://www.doingbusiness.org/


※上記の記事は、取材時点(2016年12月末)の情報を元に作成しております。

現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。


 

sayuri

文系大学卒業後、
4年間のSE生活を経て、海外へ。
香港から上海へ移り、現在海外生活3年目。
リアルな海外生活の魅力をお伝えします。

シンガポールの記事一覧 シンガポール 

働かないのはモッタイナイ!仕事で生活に変化を。

アジア各国で就労ビザの発給要件が厳しくなっています。 その中でも、シンガポールはかなり厳しいことで有名です。 しかし、すでにビザが発給されている方(帯同家族ビザDPをお持ちの方)には、 雇用先が見つかりやすく就労しやすい環境です! 就労ビザの発給要件は年々厳格化している。     シンガポール政府は2013年1月の人口白書において、 シンガポール人を中心とする労働力基盤の強化を目指し、外国人労働者の就業を規制する方針を打ち出しました。   これに伴い、シンガポールでは、2014年、2016年、2017年と就労許可の審査基準の厳格化を行っています。   実際、シンガポール駐在を予定していたところ、 ビザが取れないかもしれないから、という理由で、赴任地が中国に変更になった友人もいました。   すでに、帯同家族ビザを持っていれば、雇用先が見つかりやすい!   上記の通り、シンガポールで新規に就労ビザを取得するのは、かなり厳しいのが現状です。 しかし、就労ビザの発給が厳格化したとしても、 企業側にとっては人材が不足している状態であることは変わりません。   そのため、必要な人材が入りづらい環境にある企業側は、 すでに帯同家族ビザを所持している方に対して、積極的に採用活動を行なっています!   とはいえ、夫のサポートも兼ねてシンガポールに来ているのに、 フルタイムでガツガツ働くのは気が引ける・・・という方もいらっしゃると思います。   新たに、就労ビザを申請する場合と違い、 帯同家族ビザをお持ちの方が働く場合には、「最低月収」が規定されていません。 そのため、フルタイムではなく、時給制のパートタイムで就労することも可能です。   RGFシンガポールでは、 候補者の皆様から多く寄せられる、こういった懸念事項に関しても、ご相談をお受けしております。 (『家庭との両立』『求められる英語力』『給与相場』など、 様々なご事情に合わせてご相談に乗ることが可能です!)   働くことで生活にハリと潤いを。     私自身、知人の少ない海外での生活では、変化のない日々に疑問を感じる時もありました。   はじめのうちは、右も左も分からない環境で生活するだけで精一杯でしたが、 慣れてくると、ただただ、時間が過ぎるのを待つだけの生活になっていました。   また、夫が忙しく働き、稼いできてくれたお金を使うだけの生活にも、罪悪感を感じ始めました。 そんな毎日では、精神的にもよくありません。   「何か少しでも自分の時間を有意義に使いたい!」   と感じている方には、シンガポールで働くことを是非オススメします! 日本に帰国された際も、シンガポールでの就労経験がきっと役に立つと思います!   まとめ   帯同家族ビザでは、働けない国も多くあります。 しかしここ、シンガポールでは、就労することが可能です。 折角の機会なので、 シンガポールで生活するだけでなく、働いてみるのはいかがでしょうか?   また、外国人労働者の就労については、 現在でも厳格化が進んでおり、その規定が頻繁に変更になっています。 ネットに出ている情報が古いままのサイトも多数あります。   最新の情報を入手するためにも、 帯同ビザ・永住権をお持ちの方で、就職を検討されている場合は、 ぜひRGFシンガポールにお気軽にお問い合わせを!!   懸念事項がおありの場合にも、ご相談お受けしております。 (RGFシンガポールをクリックすると、無料の会員登録画面に遷移します。 希望勤務国で「シンガポール」をお選び下さい。弊社担当者から、ご連絡させて頂きます。) 出典 ■サイト名 ジェトロ シンガポール 外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用 URL:https://www.jetro.go.jp/world/asia/sg/invest_05.html ■サイト名 シンガポールMOM(人材省) Work passes and permits URL:http://www.mom.gov.sg/passes-and-permits ※上記の記事は、取材時点(2017年07月末)の情報を元に作成しております。 現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。

シンガポールの記事一覧 シンガポール 

駐在だけじゃない!海外での働き方!

  「海外で働きたい!」と思った時、真っ先に思い浮かぶのは「駐在員」ではないでしょうか?   しかし、海外での働き方は「駐在員」だけではありません。 「現地採用」という形で働くことも出来ます!   今回は、「現地採用」という働き方について、 「駐在員」との比較を交えながら、ご紹介したいと思います。       「駐在員」と「現地採用」はどう違うの? 「駐在員」と「現地採用」の一番大きな違いは、その雇用形態にあります。   <駐在員> 駐在員は、日本の企業に雇用されている会社員です。 国内での転勤と同じように、人事異動の辞令により海外に赴任している人です。 子会社や関連会社への出向という形をとる場合も多いです。   <現地採用> 「現地採用」という文字の通り、現地の企業に採用され雇用されている会社員です。 日系企業や、外資系企業、100%ローカルの企業であったりと、その会社は様々です。 会社からの辞令ではないので、比較的働く国や会社選びにおいて、自分の意思が反映されやすいです。   雇用形態の大前提を説明したところで、駐在員と現地採用の違いについて、さらに細かくご紹介します。     「駐在員」と「現地採用」それぞれの違い 何をメリット・デメリットとするかは、人によって違うので、 ここでは、一般的に言われている違いをご紹介します。     <駐在員の場合>   ◆給与水準や待遇などについて 基本給+駐在手当、家賃補助や年数回の日本への渡航費用を会社側が負担してく れるなど、その待遇は国や会社により違いますが、サポートがあります。   ◆日本帰国後にも、同じ会社で引き続き勤務が可能 あくまでも人事異動による海外赴任なので、当たり前ですが、 日本帰国後も同じ会社で勤務を続けることが可能です。   ◆海外赴任するまでに時間がかかる 日本の社内での経験を積んでから、駐在員になるのが一般的です。 そのため、海外で働くまでに入社から数年かかる事が多いです。   ◆働きたい国を選べない 私の友人にも 「シンガポールで働きたいと思ってたけど、辞令はロシアの田舎だった。」という人がいました。 この場合のように、駐在員は赴任先を選べない事が多いです。 「海外で働きたいか?」という意思確認はあっても、国の希望が通ることは難しいでしょう。   ◆行くも帰るもスライドも会社次第 赴任期間が決まっている会社もありますが、決まっていない会社の方が多いのではないでしょうか。   「3年と言われていたけど、もう10年経った。」や、 「5年と言われていたけど、1年でスライドした。」というのは、よく聞く話です。   赴任期間は会社の辞令次第なので、 駐在員の意思とは異なる結果になる事が多いのではないでしょうか。 ちなみに「スライド」とは、 海外赴任先から日本に帰らずに、また別の地域や国へ赴任することを指しています。     <現地採用の場合>   ◆働きたい国、働きたい期間を自分で決められる 辞令ではないため、働きたい国や期間を自分で決めることが出来ます。 「もうすぐ帰るかも?」という事を考えず、やりたい仕事に集中する事が出来ます。     ◆実力、能力に基づいたキャリアアップが可能。 会社にもよりますが、まだまだ年功序列の考え方が強い日本の会社に比べると、 自分の実力や能力に基づいたキャリアアップがしやすいのが特徴です。   ◆給与や待遇は現地の水準に基づく 現地の水準をもとに、給与や待遇が決まります。 しかし、日本人として企業に価値提供できる場合や、 個人の能力により、日本での就職と近しい給与や待遇となることもあります。     ◆現地の労働法に準じる採用になる(国毎に異なるので注意が必要) 現地の労働法に沿った雇用となります。 生活していて、一番実感するのは、祝祭日や連休の違いです。 年末年始、GW、お盆休みなど、日本の連休とは感覚が異なります。 特に旧正月を祝う国では、通常の年末年始はあまり大事な休日ではないため、 休みが大晦日と元日のみだったりします。 (そんな祝祭日の違いも、文化の違いが見えて面白いですが。)   ◆日本帰国時には、再度就職活動が必要 現地の会社に雇用されるため、日本帰国時には、再度転職活動が必要となります。   雇用形態にこだわる前に。海外で働くということ。 インドでの転職についての記事ですが、海外転職全般に言えることが書かれています。 海外で働くことを考えている方は、こちらも是非どうぞ。   インド転職の前に 〜海外で働くということ〜 (https://www.rgf-hragent.asia/blog/india/223/)   現地での生活も気になるところです。 下記のページで、各国での生活の様子をレポートしています。こちらも是非どうぞ!     ・インド ・インドネシア ・シンガポール ・タイ ・ベトナム ・香港 ・中国…

シンガポールの記事一覧 シンガポール 

どこに住む?シンガポールで家探し!!

家賃、生活費が高いと噂のシンガポール。その実態は? 一人暮らしの住宅事情について、各エリアと共に写真付きでご紹介します! 狭くても色々あるよ。シンガポールのエリア紹介! 国土が狭くて有名なシンガポール。 その面積は、約719平方キロメートル。 なんと、東京23区と同程度という狭さ!     そんなシンガポールですが、 いざ家を探すとなると、どのエリアに住むか悩むところです。 まずは、各エリアの位置関係と特徴をご紹介します。     ■CBDエリア(central business district) ・大手企業や金融機関など、経済の中心地になるエリア。 ・シンガポールの代名詞、有名なマリーナベイサンズがあるのもここ。 ・シングルやカップル向けの高級コンドミニアムが比較的多い。   <地名> Marina Square, Raffles Place, Suntec City,City Hallなど       ■セントラルエリア(オーチャードエリア) ・シンガポール中心地に近く、日常生活、通勤にも便利なエリア。 ・オーチャードには、日系デパートの高島屋、伊勢丹、明治屋などがある。 ・日本人の駐在家族が多く住み、日本人向けのレストランや子供の塾、お稽古事の教室が多い。 ・ファミリー向けの高級コンドミニアムも多い。   <地名> Orchard, Somerset, Dhoby Ghaut Holland Village, Clarke Quayなど       ■サウスエリア(クイーンズタウン) ・新しい高層マンションが多く、近年人気のエリア。 ・国内最大規模のショッピングセンターあり。 ・市街地から少し離れるが、緑が多く閑静な住宅地。     (ただし、シンガポールの新築物件には要注意。 電気が付かない、水漏れするなどのトラブルが当たり前。。。)   <地名> Alexandra Road, Tiong Bahru, Harbourfront, KeppelBuona Vistaなど     ■ウェストエリア ・日系企業も多数進出している郊外のエリア。 ・欧米人が多く、おしゃれなレストランも多い。 ・クレメンティーは再開発が進んでおり、伊勢丹が進出! ・中心地からは少し離れているが、公園も多く生活のしやすいエリア。   <地名> Clementi, West Coast, Redhill, Commonwealth, Pasir Panjangなど     ■ノースエリア ・HDB(※)が多く建ち並び、シンガポール人が多く暮らす。 ・市街地からタクシーで15分程で、生活にも便利なエリア。 ・HDBが多いため、コンドに比べ家賃が抑えられる。   ※HDBについては、後で詳しく!   <地名> Ang Mo Kio, Bishan, Sembawang, Yishun,Toa Payohなど       ■イーストエリア ・チャンギ国際空港からタクシーで10分程で行けるエリア。 ・市街地から離れているため、緑が多い閑静な住宅地。 ・海岸線に沿って約8kmの公園となっている。 ・空港が近いので、空港をよく利用する人には便利!   <地名> Marine…

シンガポールの記事一覧 シンガポール 

シンガポールってどんな国?気になる最新基本情報

  マリーナ・ベイ・サンズ、親子留学、ポイ捨てしたら罰金などなど・・・   今回は、知っているようで知らない国 【シンガポール】 について、 最新の基本情報をご紹介したいと思います。 シンガポールの最新基本情報について シンガポールは、マレーシアの先 マレー半島の南端に、 ジョホール海峡を隔てて接する島国の都市国家です。   国土は、シンガポール島と約50の小島で構成され、 マレーシアの首都クアラルンプール、タイの首都バンコクへと陸路でも繋がります。   1819年イギリスの東インド会社の支配下で、アジアにおける中継貿易地として発展しました。 シンガポールの首都はシンガポール? シンガポールの国土は、約719平方キロメートルで、 東京23区の626.7km2をやや上回る程度の大きさです。   そのため、シンガポール共和国全体がそのまま首都となり、 首都名は、シンガポールとなります。   じつは、「シンガポール」という名前の都市があるわけではありません。 日本の首都の「東京」と同じような感覚といえるでしょう。 世界中のヒト・モノ・カネ・情報が集結 シンガポールは、香港に並び、欧米諸国、日本をはじめ、 世界各国の企業のアジア太平洋地域の地域統括拠点が置かれます。   この背景には、 ・東南アジア各国へのアクセスの良さ ・公用語が英語 ・ビジネスがしやすい国ランキングで常に上位 ・低い法人税 など、ビジネス視点からの魅力が挙げられます。   世界銀行の発表した最新の「ビジネスのしやすさランキング2016」では2位を獲得。 1位の座は奪われましたが、スコアは前年に比べてアップしています。   今後も、ビジネスのしやすい国として、 世界中から多くの企業が進出すると考えられます。 気軽に隣国へ 週末リゾートの魅力 タイのサムイ島やプーケット、インドネシアのバリ島、 マレーシアのランカウイ島などフィリピンのボラカイ島・・・など、 東南アジアには多くのリゾート地が密集しています。   日本からでは、フライトだけで7~8時間かかってしまったり、 直行便が出ておらずトランジットが必要だったり、と、 なかなか気軽にリゾート地へは行きづらいのが現実です。   しかし!シンガポールのチャンギ空港からであれば、 これらのリゾート地へ、たった数時間で行けてしまいます!   そのため、週末のちょっとした休みであっても、 多くの人が、東南アジア各地へ週末リゾートを楽しみます。   また、2012年にマレーシアにオープンした「ジョホール・プレミム・アウトレット」への 日帰りショッピングバスツアーも人気です。 まとめ 現在、日本との間に政治的な懸念事項はなく、 両国関係は良好で、広範囲な分野で交流が行われています。 要人の往来も活発なため、二国間の交流は、さらに発展することでしょう。   東南アジア各国へのアクセスの良さ、整備されたインフラ、ビジネスのしやすさ、 また、英語だけでなく、中国語を含めた語学堪能な人材は、シンガポールの大きな強みといえます。   これからも日本をはじめ、 世界各地からシンガポールが重要視されることは、間違いありません。   皆さんも是非、東南アジアの要となる【シンガポール】に触れてみて下さい! 出典 ・外務省サイト シンガポール基礎データ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/singapore/data.html ・世界銀行 ビジネス環境の現状2017 http://www.doingbusiness.org/ ※上記の記事は、取材時点(2016年12月末)の情報を元に作成しております。 現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。  

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します