RGF HRAgent

【インドネシア首都移転】その理由と現地の声

皆さんこんにちは!

ジョグジャカルタのガジャマダ大学に留学中の森本蓮です。

 

著しい経済発展を遂げ、インドネシアの中心となっている首都ジャカルタは、今や人口約1000万人、周辺の首都圏には3000万人が在住する世界最大級の都市です。

 一方で、インドネシアの首都をジャカルタからオランウータン生息地としても有名なカリマンタン島に移転する計画が発表され日本のメディアでも大きな話題になりました。

そこで今日は大規模な首都移転の計画、移転理由、現地のインドネシア人の反応についてお伝えしていきます。

 

 

ジャカルタから首都移転


首都移転計画が最初に浮上したのは70年近く前のことです。

 

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は2019年8月16日に年次教書演説でついに、現在の首都ジャカルタをカリマンタン島に移転する方針を初めて正式に表明しました。

 

 

カリマンタン島は、ボルネオ島とも呼ばれ、ジャカルタのあるジャワ島とは別の島で、インドネシアの中心に位置しています。

 

カリマンタン島はオランウータンが生息する地域としても有名で、手つかずの自然が多く残っています。

そのため環境保護活動家らは、移転によって森林破壊や環境汚染が進むという懸念の声が上がっているのも事実です。

 

 

 

 

計画


首都移転は2021年から建設に着手して、2024年に政府一部機能や議会の移転を開始する予定です。

 

ジョコ・ウィドド大統領によると、首都をジャカルタからカリマンタン島に移転する費用は466兆ルピア(約3兆7000億円、2019年度国家予算比で約19%)となる見通しで、そのうち19%を政府が拠出し、残りは官民連携事業(PPP)と民間投資でまかなう計画となっています。

 

完全な首都移転はインドネシア独立100年となる2045年を目指すと言われています。

 

新首都は、政治の中心となり、経済は引き続きジャカルタが中心になる見通しです。

 

そのため、1600社を超える日系企業が進出しているジャカルタですが、すぐに首都移転に伴い影響がでるとは考えにくいと思います。

 

 

 

 

 

 

理由


ではなぜ首都を移転するのでしょうか。

その理由は主に3つあります。

 

 

 

 

  • 交通渋滞

 

  

 

1つ目は、交通渋滞です。近郊都市を含めたジャカルタ首都圏「ジャポデタベック」には現在3100万人もの人が生活しています。ジャカルタの交通渋滞は世界で一番ひどく、「ジャカルタの住人は、生涯のうち10年を交通渋滞に費やす」と言われるほどです。インドネシア国家開発庁は、ジャカルタ首都圏での渋滞に

よる経済損失は、年間10兆ルピア、日本円にして約8400億円に上ると試算しています。

 

 

 

  • 経済格差

2つ目の理由は経済格差を広げないためです。

ジャカルタのあるジャワ島では総人口2億6千万人の57%が生活しているのに比べ、カリマンタン島は僅か7%。ジャワ島とその他の島の間で経済格差が広がっています。ジャカルタに一極集中した現状を打開し、インドネシアを全体的に発展させるという狙いも首都移転の理由の1つです。

 

 

3、海面上昇と地盤沈下

3つ目は海面上昇と地盤沈下です。

この2つが組み合わされば、2050年までにジャカルタ北部の95%は海に沈むという試算も出ているそうです。ジャカルタの一部地域では、10年間で最大25cmも地盤が沈下していて、このままではジャカルタはいずれ水没すると言われています。地盤沈下は、地下水の汲み上げと水をリサイクルできていないことが原因とされています。海面上昇はジャカルタに限った話ではなく、気候変動により世界中の海水面が上昇しています。

 

 

インドネシア人は賛成?反対?


それでは、インドネシア人は首都移転についてどのような考えを持っているのでしょうか。ガジャマダ大学に所属している数人のインドネシア人に意見を聞いてみたところ、反対という人は1人もいませんでした。「環境保全はもちろん大切だが、ジャカルタの置かれている状況は非常に深刻なため、首都移転はせざるを得ないことだ」という意見が多かったです。しかし、インドネシアの世論調査機関クダイ・コピは、首都移転に関する世論調査の結果、全国平均で39.8%が移転に「反対」しており、「賛成」は35.6%と発表しています。さらに、ジャカルタの住民は96%が反対しているのです。その理由には、首都移転に伴う影響に政府がどう取り組んでいくかの情報が不足していることや、政府がジャカルタの問題解決から目を背ける可能性が高いということが挙げられています。

 

最後に


いかがだったでしょうか。新首都となるカリマンタン島はインドネシアの中でも非常に自然災害が少ない地域です。首都移転に伴いジャカルタでの勤務に不安を抱く方もおられるかとは思いますが、首都移転が決まったとはいえ当分の間は、ジャカルタがインドネシア経済の中核を担い続けるでしょう。これからの首都移転に伴い、環境保護とどのように平行して新首都を設立していくのか、また、ジャカルタの問題解決に向けてどう取り組むのか目が離せません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【インドネシア首都移転】その理由と現地の声

皆さんこんにちは! ジョグジャカルタのガジャマダ大学に留学中の森本蓮です。   著しい経済発展を遂げ、インドネシアの中心となっている首都ジャカルタは、今や人口約1000万人、周辺の首都圏には3000万人が在住する世界最大…

【歴史】インドネシアと日本の歴史

皆さんこんにちは! ジョグジャカルタのガジャマダ大学に留学中の森本蓮です。 インドネシアは、世界一の親日国といわれるほど日本に興味がある人、日本のことを好きな人が多いです。 しかし、それはなぜでしょうか。 インドネシアは…

【生活】インドネシアにあって日本にない考え方

皆さんこんにちは! ジョグジャカルタのガジャマダ大学に留学中の森本蓮です。 インドネシアに進出している日系企業は約1600社、また、日本へ来るインドネシア人の観光客は年々著しく増加しています。インドネシア人と関わる機会は…

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

【海外転職】就労ビザ取得について

こんにちは。 キャリアアドバイザーのNIKOです。 今回はインドネシアのビザ(就労)についてご紹介したいと思います。 ※2019年10月時点の情報となります。     1⃣ビザの種類   (1)ビザ免除⇒3…

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します