RGF HRAgent

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

インドネシアの軽井沢!?自然豊かな街・ボゴール

Selamat siang, みなさんこんにちは!

RGFインドネシア 学生インターンのKarlieです。

 

突然ですが…

 

インドネシアはバリ島だけじゃない!

 

いや、日本で一番有名なインドネシアの観光地といえば、バリですけど、

自然に囲まれた素敵な街は、ほかにもたくさんあるんです!!

 

今回はジャカルタから約60km、

私のインドネシアのホームタウンでもある自然豊かな街・ボゴールについてご紹介します。

 

 


【ボゴールって、どんな街?】


 

ボゴールはジャカルタから南に約60km、車で1時間ほどのところに位置します。

標高が高い高原地帯にあるため、1年を通して涼しく、

お金持ちの別荘が多いことから、インドネシアの軽井沢とも呼ばれています。

(あれ?私が勝手にそう呼んでるだけ…?)

 

 

 

インドネシアの人に“ボゴールってどんな街?”と聞くと、2種類の答えが返ってきます。

一つ目は“Kota hujan(雨の街)”。              

 

              

インドネシアには雨季と乾季の二つの季節がありますが、

ボゴールは季節に関係なく雨が降ります。

 

私が住んでいたボゴール西部の地域では、5日間連続で

雨が降らないことは珍しく、大体3日に1度は雨の日です。

 

ただ、日本の梅雨のように一日中降り続くわけではなく、

朝から昼過ぎにかけては快晴、夕方から雲が出てきて夜に雨が降る、といった具合です。

雨が降り始めると気温が下がるので、私はボゴールで熱帯夜というものを経験したことがありません。

(なんと、寝るときは毛布が必須なくらい寒いです!)

 

住み始めた当初は、ここが本当に熱帯のインドネシアなのかと驚くほどでした。

 

 

二つ目は“Kota macet(渋滞の街)”。

 

※bogor.netより

 

主にインドネシアの都市部ではそうですが、特にボゴールは渋滞が激しいことで有名です。

住んでいる場所から10kmほど離れたモールに車で行くのに3時間かかったこともあります。

(あまりに進まなすぎて、歩いて行ったほうが速いと思ったほどでした。

ひどいときは15分に10mほどしか進めないこともあります。)

 

以上のことから、ボゴールに旅行に行かれる際は、時間に余裕を持って、

 

さらに常に雨具を携帯することをお勧めします。

 

 


【自然豊かなボゴール】


 

ボゴールで一番有名な観光地と言えば、Kebun Raya Bogor(ボゴール植物園)です。

 

もともとはオランダ人居留地として発展し、その後様々な歴史を経て、

今では植物園としてボゴールの人に愛されています。

植物園の中には、大統領邸があり、週末にはインドネシア大統領のジョコ・ウィドドさんが訪れるそうです。

 

  

 

 

 

園内には博物館もあり、インドネシアに生息する様々な動物の標本・はく製を見ることができます。

 

 

シカがたくさんいて、まるで奈良の東大寺のようです!

休日には、シカがいるところでニンジンを売る人がおり、

そのニンジンをシカにあげる子供連れの家族で賑わいます。

 

 


【ボゴールの名産】


 

ソトボゴール

 

ソトというのはスープを表すインドネシア語で、ボゴールでは至る所にソトボゴールの屋台を見ることができます。

※ResepiKokiより

 

 

アシナンボゴール

 

 

マンゴーやメロンなどのフルーツや野菜を甘辛いタレに漬けたインドネシア風お漬物です。

口に入れると、ピリッとしたからさの中に果物の甘さが何とも言えないクセになる、不思議な味がします。

ボゴール駅では、道端でアシナンが袋に入って売られています。

 

 

クエラピスボゴール

 

 

クエはケーキ、ラピスは層を意味し、

その名の通り層がたくさん積み重なったような模様が特徴のケーキです。

層状の模様が鮮やかできれいですよね!

 

 

以上、ボゴールについてご紹介しました。

ジャカルタから1時間ほどで行ける、ボゴールの豊かな自然に癒されにいらしてください!

 

Karlie

インドネシア大好き、RGFインドネシア学生インターンKarlieです。
インドネシア・ボゴールで1年間の交換留学後、ジャカルタにお引っ越しをし、
現在は学生インターンとして活動しています。
皆さんに、インドネシアの魅力をもっともっと知ってほしい!!
実際に住むからこそ分かった【インドネシアの素敵なところ】を発信中!!

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

インドネシアの軽井沢!?自然豊かな街・ボゴール

Selamat siang, みなさんこんにちは! RGFインドネシア 学生インターンのKarlieです。   突然ですが…   インドネシアはバリ島だけじゃない!   いや、日本で一番有名なインドネシアの観光地といえば、バリですけど、 自然に囲まれた素敵な街は、ほかにもたくさんあるんです!!   今回はジャカルタから約60km、 私のインドネシアのホームタウンでもある自然豊かな街・ボゴールについてご紹介します。     【ボゴールって、どんな街?】   ボゴールはジャカルタから南に約60km、車で1時間ほどのところに位置します。 標高が高い高原地帯にあるため、1年を通して涼しく、 お金持ちの別荘が多いことから、インドネシアの軽井沢とも呼ばれています。 (あれ?私が勝手にそう呼んでるだけ…?)       インドネシアの人に“ボゴールってどんな街?”と聞くと、2種類の答えが返ってきます。 一つ目は“Kota hujan(雨の街)”。                                インドネシアには雨季と乾季の二つの季節がありますが、 ボゴールは季節に関係なく雨が降ります。   私が住んでいたボゴール西部の地域では、5日間連続で 雨が降らないことは珍しく、大体3日に1度は雨の日です。   ただ、日本の梅雨のように一日中降り続くわけではなく、 朝から昼過ぎにかけては快晴、夕方から雲が出てきて夜に雨が降る、といった具合です。 雨が降り始めると気温が下がるので、私はボゴールで熱帯夜というものを経験したことがありません。 (なんと、寝るときは毛布が必須なくらい寒いです!)   住み始めた当初は、ここが本当に熱帯のインドネシアなのかと驚くほどでした。     二つ目は“Kota macet(渋滞の街)”。   ※bogor.netより   主にインドネシアの都市部ではそうですが、特にボゴールは渋滞が激しいことで有名です。 住んでいる場所から10kmほど離れたモールに車で行くのに3時間かかったこともあります。 (あまりに進まなすぎて、歩いて行ったほうが速いと思ったほどでした。 ひどいときは15分に10mほどしか進めないこともあります。)   以上のことから、ボゴールに旅行に行かれる際は、時間に余裕を持って、   さらに常に雨具を携帯することをお勧めします。     【自然豊かなボゴール】   ボゴールで一番有名な観光地と言えば、Kebun Raya Bogor(ボゴール植物園)です。   もともとはオランダ人居留地として発展し、その後様々な歴史を経て、 今では植物園としてボゴールの人に愛されています。 植物園の中には、大統領邸があり、週末にはインドネシア大統領のジョコ・ウィドドさんが訪れるそうです。            園内には博物館もあり、インドネシアに生息する様々な動物の標本・はく製を見ることができます。     シカがたくさんいて、まるで奈良の東大寺のようです! 休日には、シカがいるところでニンジンを売る人がおり、 そのニンジンをシカにあげる子供連れの家族で賑わいます。     【ボゴールの名産】   ソトボゴール   ソトというのはスープを表すインドネシア語で、ボゴールでは至る所にソトボゴールの屋台を見ることができます。 ※ResepiKokiより     アシナンボゴール     マンゴーやメロンなどのフルーツや野菜を甘辛いタレに漬けたインドネシア風お漬物です。 口に入れると、ピリッとしたからさの中に果物の甘さが何とも言えないクセになる、不思議な味がします。 ボゴール駅では、道端でアシナンが袋に入って売られています。     クエラピスボゴール     クエはケーキ、ラピスは層を意味し、 その名の通り層がたくさん積み重なったような模様が特徴のケーキです。 層状の模様が鮮やかできれいですよね!     以上、ボゴールについてご紹介しました。 ジャカルタから1時間ほどで行ける、ボゴールの豊かな自然に癒されにいらしてください!  

1か月○円生活!?~実際にいくらかかるの?インドネシアの生活費事情~

Selamat siang semuanya😊 皆さんこんにちは。学生インターンのKarlieです。   外国で暮らすときに不安なことのひとつが、物価ですよね。 毎月の生活費がいくらくらいかかるのか、とても気になります。   国が違えば物価も違う!   ということで、私の1か月の生活費をご紹介しながら インドネシアと日本の物価の違いをご紹介します。   (※1円=120インドネシアルピアで換算しています。)     家賃…7000円 (ボゴール)、14000円 (ジャカルタ)     家賃はボゴールのほうが断然安いです。 インドネシアでは多くの人はコス(コサン)と呼ばれるアパートを借りて生活しています。   コスにもさまざまあって、部屋のみ・バス、トイレは共有というものから、 ホテルの一室のようなコス(なんとジムやプール、時には各部屋にキッチン付き!)など、 自分の予算や希望に合わせて住む場所を選ぶことができます。   (過去記事 ジャカルタどこ住む?住居探し【一人暮らし編】 も是非ご覧ください!) https://www.rgf-hragent.asia/blog/indonesia/925/   私が生活していたコスは両方とも、広さは12畳ほどでシャワー・トイレは各部屋に一つ、 ベッド・机・エアコン・洋服棚付き、Wi-fi完備と、とても快適なお部屋でした。 (シャワーは水しか出ないんですけどね…  でも、18:00くらいまでに浴びれば太陽光で自然の温水シャワーになります!!!!! 今になっては、すっかり水シャワーに慣れました。)     (お見苦しくてすみません… こんな感じで生活しています。 さらに、2畳ほどのバスルームがあります。キッチンは共有です。)     大家さんもとても優しい方で、果物を差し入れしてくれたり、 ご飯を作りすぎてしまったからと食事に誘ってくれたこともありました。 近所に住む友人とお泊り会をしたこともいい思い出です。   現地の人と交流して仲良くなるには、コスはぴったりの場所だと思います!       通信費…ボゴール、ジャカルタともに約500円     日本で使っていたスマートフォンをSIMフリー化して使っています。 SIMカードはコンビニ等で購入することができ、さらにプリペイド式なので 自分の使う量に合わせてチャージが可能です(電話はプルサ、インターネットはクオタと呼ばれるものをチャージします)。 私はインドネシアで最も回線が安定していると言われているTelkomselのSIMカードを使用しています。 1か月5GBで500円ほどです。 電話はほとんど使いませんので、3か月に1回、300円分ほどチャージしています。 アプリからクレジットカードでプルサやクオタを購入できるので、とても便利です。       食費…約9000円(ボゴール)、約15000円(ジャカルタ)         私は、インドネシアでは、週末を除きほとんど毎日外でご飯を食べています。 ボゴールはジャカルタと比べて田舎なので、食べ物は比較的安いです。 1食大体100円ほどで食べることができます。 ジャカルタではそこまで安くはありませんが、ファストフードでは 1食500円ほど、屋台では1食300円ほどで食べられます。 モールのレストランに行くと、1000円ほどでおいしい和食も食べられます! 私のお気に入りは、丸亀製麺と大戸屋です!!       交通費…約2000円    インドネシアでは、グラブやゴジェックといった配車アプリが発達しており、 スマートフォンひとつでどこへでも行くことができます。 料金は10kmで200円ほど、バイクだと渋滞もすり抜けられるため、慣れてしまいさえすれば快適です。 (バイクだけでなく車の配車サービスもありますので、ご安心を!)                         私が日本人だとわかると、珍しいようで話をしてくれるドライバーさんが多いのですが、 どんなにつたないインドネシア語でも「すごいねぇ」とたくさんほめてくれるので、 インドネシア語への自信を失ったときによく元気をもらっていました。笑 私は、ドライバーさんとの会話でインドネシア語力が向上した気がします。   また、アンコットと呼ばれる乗り合いミニバスも発展しており、 1回30円でどこまででも乗ることができます。 街ごとに路線が決まっていてそこを巡回しているので、 どれに乗ればよいか分からないときは運転手さんに聞きましょう。       ただ、どの交通機関にも言えることですが、日本人だとわかると高額な料金を請求される場合もありますので、 不安な方は無理をせずブルーバードタクシーの利用をお勧めします。    …

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

これさえ覚えればインドネシアで人気者?~思わず踊りたくなるI-popの世界~

Selamat siang! 皆さんこんにちは。 RGFリクルートインドネシア 学生インターンのKarlieです。   インドネシアの街を歩いていたり、通りに面した食堂でご飯を食べていたりすると 突然、大音量の音楽を後ろに積んだスピーカーから流しながら、荷台を引く人々に出会うことがあります。 そういう曲は大体リズムが独特で、耳にすると私はいつも思わず踊りたくなってしまいます。   ブラジルのサンバのように、インドネシアにもノリノリな曲がたくさんあるのです!   今回は、インドネシア音楽、 “I-pop” (と勝手に私が呼んでおります)の中から、 私がほぼ毎朝ノリノリで聞いているお気に入りの曲をご紹介します!     1.〈Sayang (サヤン)〉    Via Vallen         この曲は、インドネシアに来たことがある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?   日本でも有名な キロロ「未来へ」 のインドネシア語cover ver.です。   インドネシアの大衆音楽である、ダンドゥッという曲調にアレンジしてあります。 ダンドゥッ=踊りたくなる曲と言っても過言ではないくらい、軽快なメロディが特徴です。   題名のSayangというのは、インドネシア語で愛しい人という意味で、 愛しい人を待ち続ける女心が歌われています。   キロロの未来へは、誰かを励まして元気づける曲ですが、 I-popにかかれば恋愛ソングになってしまうのです。       2.〈Lagi Syantik (ラギ シャンティック)〉    Siti Badriah       この曲はメロディーが軽快で覚えやすく、くり返す歌詞が多いので覚えやすい歌です。 そして、なんと言っても歌詞がかわいいんです!!   ◆◆◆◆◆   Hei sayangku ねえ 私の愛しい人   Hari ini aku syantik 今日の私 きれいでしょう   Syantik bagai bidadari 天使みたいにきれいでしょう   Bidadari di hatimu あなたの心にいる天使よ   ◆◆◆◆◆   この女の人は、男の人のことをとっても好きなんだなというのが 歌詞から伝わってくるようです!!   男の子、振り向いてあげて!!と言いたくなります。 まさに、恋している女の子の歌。   親しい友人が、いつもは着ないような服を着ていたり、 いつもよりメイクアップに手間をかけていたら、aku(私)をkamu(君)に変えて、 Hari ini kamu cantik (ハリ イニ カム チャンティック)=今日素敵だね!と 言うこともできます。   些細な変化に気づいてもらえると嬉しいのは、世界共通です!       3.〈Dari Mata (ダリ マタ)〉   Jaz       今まで紹介した曲とは雰囲気が一転して、この曲はしっとりとしたバラードです。   私は、インドネシア語を勉強するときによくこの曲を聞いていました。 曲調がゆっくりであること、覚えやすい歌詞であること、MVに歌詞が文字で出てくること などから、インドネシア語のリスニングのウォーミングアップとしておすすめの曲です。…

インドネシアの記事一覧 インドネシア 

インドネシアのイスラム文化①~奥が深いヒジャブの世界~

Selamat siang, 皆さんこんにちは。 RGFインドネシア学生インターンのKarlieです。   皆さんは、髪の毛を覆うように布を身に着けている女性を目にしたことはありますか?     この布はヒジャブ(インドネシア語ではジルバブ)と呼ばれ、ムスリムの女性が身に着けます。   インドネシアで暮らしてからムスリムの友人がたくさんでき、 ヒジャブひとつとっても様々な違いがあることを知りました。 日本ではあまり知られていないヒジャブ、今回はその奥深さをご紹介します!     【そもそもヒジャブってなんのため?】   ムスリムの女性に対するヒジャブ着用の義務の有無は国や地域により異なりますが、 着用する理由は一般的な解釈において 「女性が婚姻関係にない男性からの陵辱から身を守るために、ヒジャブは必要である」 からであるとされています。   女性の髪は美しく特別であるから、大衆の目から守るために着る、ということなんですね。 髪が美しさの象徴とされているのは、日本も同じだと思います。     【何歳ごろから着始めるの?】   ヒジャブを着用するかしないか、これは人それぞれです。 生まれた家や育った地域によって異なります。   ヒジャブを着ていないムスリムの方ももちろんいます。   ムスリムの友人によると、インドネシアに住むムスリムの大体の女性は、 小学校中学年から着用を始めるそうです。 その友人は、小学生の時に着始めたそうなのですが、当時は慣れないためあまり好きではなく、 学校が終わるとすぐに脱いでいたと言っていました。   中にはもっと幼いころから着ている人もおり、 街中のヒジャブ屋さんに行くと、大人用のヒジャブに混じって子供用のちいさいヒジャブが 売られているのを目にします。小さいヒジャブ、とってもかわいらしいんです。 子供服を目にしたときのような、ほほえましさを感じます。   ↑ 街中のヒジャブ屋さん 1枚大体200円~買うことができます。 色や模様が豊富です。     ヒジャブの色や形状に決まりはなく、TPOに合わせて自分の好きなヒジャブを身に着けます。 着用の方法も様々で、国によって巻き方の流行が異なるため、 私の友人はヒジャブを見ただけでその人がインドネシア人かマレーシア人か判断できると言っていました。 すごいですよね!     【ヒジャブと日本】   ヒジャブを着用するときに、髪の毛が落ちてこないようにスイムキャップのような帽子をかぶることがあります。     これ、インドネシアでなんていうと思いますか?   Ninja、というそうです。   そう、忍者です!   この ↓ 忍者です!!     まさかの、日本語…!   確かに、忍者の頭巾と少し似ているかもしれません。 初めて聞いたときは信じられませんでしたが、本当に「にんじゃ」というそうです! いつごろから使われている言葉なのか、とっても不思議に感じます。     インドネシアのユニクロの店舗には、日本では夏場によく目にする、 汗がこもりにくい生地を使用したヒジャブやニンジャが売られています。     (ユニクロ・インドネシア ホームページより)   日本の技術が海外の文化に適応している場面を見ると、嬉しく感じますし、 日本のブランドでも国によって全く異なる商品を開発していることが 面白いなと思います。     インドネシアで生活していて、一つ言えることは、 ヒジャブを被っていてもいなくても、インドネシアのムスリムの女性は日本の女性と変わらないということです。 おしゃべりが大好き、おいしいものも大好き、おしゃれも大好き! 宗教が異なっても、文化が異なっても、素敵な友人になれることに間違いありません!! 以上、インドネシアで目にすることの多い“ヒジャブ”についてご紹介しました:)    

「海外出張、駐在から現地採用まで、海外人事と海外勤務者のための 情報ブログ」
外部リンク先へ遷移します

外部リンク先へ遷移します