アジア・海外求人のRGF

グローバルブランドRGFについて

タイの求人を簡単検索

キーワード

国を選ぶ

現地の治安と注意点

タイは【微笑みの国】として世界の人々から愛されているように、

一般的にアジア諸国の中では、比較的治安が良い国といわれています。

しかし、実際には、在タイ日本国大使館の邦人援護件数が、

3年連続で1位になるなど、日本人が犯罪被害に遭うことが多い国でもあります。

(出典:2015年(平成27年)海外邦人援護統計)


□タイの治安について

安全なイメージのあるタイですが、

殺人事件の発生率は、日本の9倍ともいわれています。

しかし、日本人が殺人事件などの大きな事件に巻き込まれるケースは稀であり、

犯罪被害のほとんどは、詐欺や窃盗などの軽犯罪です。

そして、詐欺や窃盗被害は、自分自身で防げるケースがほとんどです。


近年は、政治運動や抗議活動などで暴動が発生しています。

また、爆弾を使ったテロ事件も起こっています。

現在では落ち着きを取り戻していますが、

いつ活発化するか分からないので、常に注意が必要です。


□日本人が被害に遭いやすい犯罪

外務省が行っている、2015年(平成27年)海外邦人援護統計によると、 

「犯罪被害」が全体の3割を占め、そのうちのほとんどが「窃盗被害」となっている。

(犯罪被害4,719件中、3,834件が窃盗被害)


また、在外公館別の援護件数では、3年連続で在タイ日本国大使館が1位となっており、

タイで日本人が窃盗・詐欺の被害に遭うケースが後をたちません。

外務省が注意喚起を行っている犯罪としては、以下が挙げられます。

 ・睡眠薬強盗

 ・見せ金詐欺

 ・宝石洋服のキャッチセールス

 ・わいせつ犯罪

 ・スリ

 ・窃盗、置き引き、ニセ警官

 ・路上強盗

 ・いかさま賭博

 ・契約トラブル


□外務省からの危険情報

旅行地としても人気のタイですが、

首都のバンコクを含め、現在でも一部地域には、

外務省より、レベル1~3の危険情報が出されています。


特に、南部の一部地域には、

レベル3の危険情報(渡航中止勧告)が出されています。


昨今の情勢を鑑み、

外務省海外安全情報(http://www.anzen.mofa.go.jp/)の確認や、

現地領事館からの緊急メールを受信出来るようにしておくなど、

常に最新の情報を入手することが必要です。


「荷物から目を離さない」「危険な場所に近付かない」

「見知らぬ人を信用しない」「犯罪にあったら抵抗しない」など、

海外生活では当たり前の自己防衛を行い、犯罪被害に遭わないよう十分に気を付けて下さい。


※上記の記事は、取材時点(2017年02月末)の情報を元に作成しております。

現在の現地事情とは、記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承下さい。


転職支援サービス(無料)エントリはこちら

タイの就職/転職支援サービスなら
リクルートRGFにお任せください。
この求人案件以外にもあなたにふさわしいお仕事を
キャリアアドバイザーが無料でご紹介します。

条件を絞り込んでタイの求人を探す

  • 職種から探す
  • 業種から探す
  • 勤務地から探す
  • 語学力から探す
  • テーマから探す

ページトップへ ▲

海外【アジア】の就職/転職なら求人情報満載の【RGF】